マーケティングと在り方と倫理。@姫路市倫理法人会MS

平成31年3月6日曇りのち雨

姫路で朝活。

水曜日も朝活の日。ですが、今日はいつものBNIではなく姫路市倫理法人会に講話者として呼んでいただき、BNIは代理の姫井君に任せて朝5時半に姫路集合となかなかハードな朝会に出席してきました。実は私、倫理法人会モーニングセミナーで登壇するのは今回が2回目で、所属する神戸市倫理法人会以外で話せてもらうのは初めてのこと。ご依頼を頂いた際は他の朝活と日程が被っていることもあり一瞬躊躇しましたが、「頼まれごとは試されごと」「返事はハイはイエスか喜んで」との倫理法人会の教えを守って二つ返事でお引き受けした次第です。(笑)

まるでホームグランド。

この度、私に白羽の矢を立てて下さったのは、私と同じ歳の姫路の工務店経営者で、NPO活動などでもご一緒いただいている勉強熱心なことで有名な、私が尊敬してやまない林社長です。他にはこれといって知り合いもいない、アウェイ感いっぱいの中で話すのかと思いきや、姫路の那須社長率いるエヌスタイルの塾生たちが大勢来てくれて、また違うエリアの倫理法人会に参加している、これまた工務店経営者の小田社長も応援に駆けつけてくれており、蓋を開けてみると建築関係のよく知ったメンバーが8人もいてくれると言う心強さ。俄然張り切って時間いっぱいまで熱く語り続けました。

若輩者の15年間実践事例。

倫理法人会のモーニングセミナーは基本的に純粋倫理を学び、その実践を報告する場となっており、私のようにまだ入会して2年足らずの若輩者が実践結果を話すなんてずいぶんとおこがましい話ではありますが、倫理法人会の学びはあくまでも原理原則論であり、違う切り口でこの15年間私が学び実践し、結果を出したことを、自分自身のどうしようもないような出自を赤裸々に語るところから、学もコネも金もない大工上がりの経営者が何とか来年、創立20周年を迎えることが出来るようになった、その根っこの部分であるマーケティング理論を紐解いてお話をさせてもらいました。

どん底からの復活。

モーニングセミナー終了後の朝食会の際に林社長が今日のMSの感想を述べられて、「前から(高橋さんが)ゴンタな少年時代を送っていたんやろうと思っていたが、ここまでひどいとは思わなかった。」と若干、ひかれる位、どうしようもない不良少年だった頃からのの生い立ちを話してしまいましたが、それでも概ね聴講頂いた方には喜んで頂けたようでした。取るに足らないような小さなきっかけを掴みとることで、考えを改め、在り方を見直し、習慣という連続した選択に取り組むことで、完全にドロップアウトしつつあったどん底から、真っ当な人生に変容させることができた、そのギャップの大きさが、誰でもコツコツと習慣に取り組めば人生を変えることができるのだという共感につながったのかもしれません。

人生を変えた3つの出来事。

そんな、私の人生を大きく変えたきっかけとは、「17歳での友人の死」「19歳の時の余命宣告」「起業後の1冊の本との出会い」の3つの出来事で、それぞれ、「亡くなった友人が生きたかった人生を生きようと思い自分の人生をまるで物語のように俯瞰して見る癖がついた」「人生の期限が切られることによって、死ぬまでに何をするべきかと、人生の意味を考えるようになった」「成果を手に入れるには目標達成能力を身に付けたければならない。等の原理原則に基づくことの大切さを理解できた」と、それぞれ大きなパラダイムシフトが起こる転機となりました。それらの変化の中で私が手に入れたのは「人生を面白く、ドラマティックにする選択」であり、その面白くと言うのも、生きることの意味や価値を見いだせるような面白さで、今思えば正面から自分の人生に向き合うようになったのかもしれません。

マーケティングは在り方から。

そのようなパラダイムシフトを繰り返した結果、右も左もわからずに起業して何の経営資源も、経営に対する知識もなかった私が選択したのは「学ぶ」ことを続ける選択=習慣でした。ドラッカー博士の「マーケティングの究極の目的は一切の売り込みをなくすこと」と言う言葉と、ジェイエイブラハムの「卓越の戦略」にある自分のあり方を見直して顧客にとって卓越した存在になれるような努力を絶やさぬこと、そして二宮尊徳翁が遺した至言「道徳なき経済は罪であり、経済なき道徳は寝言である。」と言う言葉を胸に刻み込んで、信頼を損なう「今だけ、彼だけ、自分だけ」の考えと全く逆の選択をすることで1人ずつのお客様から確実に信頼を得て、その関係を継続できる仕組みづくりに取り組んできましたし、今なおその取り組みの真っ最中です。

習慣の破壊力。

私がこの15年間学び続け、実践し続けて習慣にした事は、毎日の更新が11年目に入ったこのブログ、9年目になる毎朝の筋トレと毎週1回のランニング、10年近くなる茶道や書道のお稽古事、今年で10年連続11回目を迎える富士登山、もう何年になるかさえ分からない毎日の読書等々、数えきれない程多く継続しています。これらの根底に流れる考え方は今振り返ってみるとすべて倫理研究所が発行している「万人幸福の栞」の17か条に書かれてあることばかりであり、医師に余命宣告をされた壊れた肝臓が筋トレとランニングで治った様に、原理原則に根ざした選択と行動を続ければおのずと結果はついてくるのだと今になって強く思うのです。「万人幸福の栞」の17か条に書かれてあることを日々実践して、事業が、人間関係が、悪くなるはずがありません。ちなみに、下記にその17か条を転載します。

倫理の17か条

  1. 日々好日 今日は最良の一日、 今は無二の好機
  2. 苦難福門苦難は幸福の門
  3. 運命自招 運命は自らまねき、境遇は自ら造る
  4. 万象我師 人は鏡、万象はわが師
  5. 夫婦対鏡 夫婦は一対の反射鏡
  6. 子女名優 子は親の心を実演する 名優である
  7. 疾病信号 肉体は精神の象徴、 病気は生活の赤信号
  8. 明朗愛和 明朗は健康の父、 愛和は幸福の母
  9. 破約失福 約束を違えれば、 己の幸を捨て他人の福を奪う
  10. 勤労歓喜 働きは最上の喜び
  11. 万物生々 物はこれを生かす人に集まる
  12. 捨我得全 得るは捨つるにあり
  13. 反始慎終 本を忘れず、末を乱さず
  14. 心即太陽 希望は心の太陽である
  15. 信成万事 信ずれば成り、 憂えれば崩れる
  16. 尊己及人 己を尊び人に及ぼす
  17. 人生神劇 人生は神の演劇、 その主役は己自身である

詳しくは倫理研究所HPへ→https://www.rinri-jpn.or.jp/about/rinri/17principles/

謝辞。

今思えば、もっと早くに倫理法人会のモーニングセミナーに参加していればよかったと思ったりもしますが、その反面、これも全て必然であり、最も適したタイミングで出会えたのかもしれないな、とも思います。今日のモーニングセミナーではお話ししようと思っていて出来なかったのですが、私が様々な習慣化に取り組めるようになった大きなきっかけは、コーチングに出会えたことであり、自分との約束にリマインダーをかける仕組みを手に入れたからです。そしてそのきっかけを与えてくださったのは、私を倫理法人会にお誘いくださった村山会長で、20年近く前に創業間もない、吹けば飛ぶような弱小工務店だった私にご自宅の全面改装の工事を依頼してくださったお客様でもあります。これまで、本当にお客様とのご縁に恵まれ、生かされてきたのだと心から思います。深く感謝すると共に、何とか少しでもこのご恩に報いたいとも思います。今日のモーニングセミナーでの登壇でその思いがさらに鮮明になりました、村山会長、本当にいつもありがとうございます。改めて、心より感謝申し上げます。

______________________

◆職人起業塾2019東京オープンセミナー【建築業における真実の瞬間】

日時:2019年2月13日水曜日 14:00~17:00 場所:株式会社シップ 〒112-0004 東京都 文京区後楽1-4-14 後楽森ビル3階 www.shipinc.co.jp お申し込みはこちらから→https://www.facebook.com/events/239954583566295/

◆職人起業塾2019 大阪オープンセミナー「建築業界が抱える諸問題の根本的解決へのアプローチ」

日時:2019年3月18日月曜日 14:00~17:00 場所:カラフル会議室 新大阪 大阪市淀川区 西中島 6-2-3 チサンマンション第7新大阪 1102号室 主催者: 一般社団法人職人起業塾 お問い合わせ:www.shokunin-kigyoujyuku.com お申し込みはこちらから→https://www.facebook.com/events/543933566013947/

__________________________________________

◆一般社団法人職人起業塾オフィシャルサイトリニューアルしました。

原理原則系マーケティングに取り組んで見たいとお考えの方は一度のぞいて見てください。 実践型現場マネジメント理論、動画なども公開しています。 その他、研修のお申し込み、問い合わせ、補助金の活用などの情報も集約しています。 https://www.shokunin-kigyoujyuku.com

◆最新の情報と共に学び続ける場の提供としてメールマガジンを配信しています。

無料登録はこちらから→https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTbGxqzg

________________________________________

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です