実践、実践、また実践。

平成30年9月11日晴れ

火曜日は朝活の日。

神戸は台風20号、21号の直撃2連発の影響がまだまだ尾を引いており、現場も事務所もドタバタ感がいっぱいで、今日も引き続き私も空いている時間は(本当は別に空いてないけど、)すべて現場に出て調査や応急対応に追われています。そんな中、今朝は朝活の日と言うことで相変わらず夜明け前に起き出してポートピアホテルで開催される神戸市倫理法人会のモーニングセミナーに参加、先週は台風のあおりで中止となってしまい、2週間ぶりの朝活は一気に涼しくなり秋めいた雰囲気になっておりました。

習慣の力。

今回は福井県から法人局スーパーバイザーの伊藤勇二氏がお越しになり、20年以上にわたって様々な習慣に取り組まれ、ご自身を変革されてきた経験をもとに素晴らしい講話を行なってくださいました。私も習慣が人生を変えて、人生を作ると言うのを信じて取り組みを続けておりますが長年にわたって実践を続けられた方の話はやはり重みが違います。朝1番から誰もがわかっている、しかしできる人はほぼいない原理原則に従って行動を積み重ねることの重要さとその絶大な効果性の話を聴かせて頂き、身を引き締めてから出社することができました。本当に素晴らしい会に参加できるようになったご縁に感謝するばかりです。

機械仕掛けのようなイチローの暮らし

伊藤氏のお話を要約すると、経営者の集まりである勉強会に集まって朝早くから学ぶのは事業経営を良くするための学びでありますが、その前に行うべきは家庭の経営を良くすることであり、親子関係や夫婦関係の経営が上手くできなければならず、もっとそれ以前に行うべきは自分自身の経営であるとのことで、人は誰しも自分自身の人生の経営者であると断じられ、そのための要諦は実践しかないとイチロー選手が機械じかけのように規則正しく毎日自分を律した暮らしをされていることを引き合いに出され、誰にでも出来ることを誰にも出来ないレベルまで行うことで辿り着く高み、習慣の大切さとその強力な効果性を強調して話されました。

25の実践。

伊藤氏ご自身は20年来、「25の実践」と言うチェックシートを作って毎日の実践をセルフチェックしてその達成率を検証し続けておられるとのことで、すごい人は世の中にたくさんいるもんだ、とまたまた感心させられることになりました。私自身も多くの習慣を持っておりますが、最近はフランクリンプランナー(スティーブン・R・コビー博士が推奨された手帳)を使う事もなくなり、習慣を明文化していちいち検証すると言うような事は行っておらず、「気づいたときには即行動」と言う倫理法人会の教えに従って改めて取り組んでみようかと思った次第で、参考までに、と紹介いただいた伊藤氏が取り組まれている25の実践を備忘録がてら以下にご紹介したいと思います。

  1. 5時に起床する
  2. 365日、24時間すべてに感謝する
  3. 常に素直な心を意識する
  4. いつでも明るく元気に声を大きく
  5. 食事にいただきますいただきましたを言う
  6. お仏壇に朝お参りをする
  7. 履物を揃える
  8. 毎朝全身を見て身なりを整える
  9. 毎朝太陽様を拝む
  10. 気付いたら即行動する
  11. 人の悪を言わず、自分の善を語らず
  12. 女房がして欲しい事を速行でする
  13. 徹底してメモをする
  14. 社員、パートさんを必ず1名以上褒める
  15. 終身墓参をする
  16. 黒龍神社にお参りをする
  17. 人に呼ばれたら「はい」と言う
  18. 体組成計する
  19. 1日の食事は腹6分
  20. ジムに行ってトレーニング
  21. 金銭の無駄遣いをしない
  22. 困難や旧知の時でもを全てプラス発想する
  23. 建物、部屋に入る時は一礼をする
  24. 靴を磨く
  25. まっすぐ帰宅する

人格が、人生が、運命が変わる。

以上の25個の実践(要約)をチェックリストにして毎日行動の検証をされているとのことで、月の初めに毎月の予定回数を決められ、それに対する実施回数が記されており、実施率の検証を行っておられます。その検証も実質100%の完全に習慣にされておられるものも数多くあり、1番低いものでも73%の高い確率で行動をされておられるようでした。また、完全に身に付いた習慣はチェックリストから外して新たな習慣を加えられるとの事。これを20年間継続されたと言うのですから、人格も運命も人生も変わって然るべしだと思いますし、まさに誰でも出来ることを誰にも出来ないレベルまで突き抜けてやり切られて来たのだと感嘆してしまいました。本当にすごい人は世の中にたくさんおられるものです。

自省無くして成長なし。

ちなみに、私がこのブログの毎日更新に取り組み始めて10年が過ぎました。この10年間、習慣を継続することの難しさと、しかしやり切れた時の効果の大きさを感じて、その他にも毎朝の筋トレと毎晩の読書は欠かすことなく続けています。その他にも1週間に一度のランニングや隔週の書道、毎月の茶道のお稽古、毎月のお朔日参りや各種勉強会への参加など様々な習慣に取り組んではおりますが、毎日、意識しようと思っている些細な習慣、(例えば食事の際に天と地と火と水に感謝を述べる」などの些細な習慣に対してチェックしようと思ったことはありませんでした。振り返って考えてみれば完全に習慣となって身に付いているものもありますし、出来たり、うっかりし損ねたりする(履物を揃える、渡し箸をしないなど、)もあり、この機会にそれらをまとめて毎月検証と行う謙虚さがいるのではないか、と改めて反省させられた次第です。メンターの遺言、「自省無くして成長なし」にあった通りだと。幸いにも私の場合、記憶術を身につけており25個の取り組みを書き出してそれを長期記憶に貼り付けて常時思い出しながら、検証をしてみようかと思います。伊藤様、素晴らしいお話をありがとうございました。ご縁に感謝します。

_____以下は告知です!_____

【締め切り間近!大阪開催 残席4名になりました!】

一般社団法人職人起業塾ボトムアップ式実践型現場マネジメント厚生労働大臣認定研修 受講絶賛申し込み受付中!

厚生労働大臣認定 建築現場における卓越の戦略実践研修6ヶ月コース絶賛募集中!
【第13期】職人起業塾@大阪 2018年11月16日開講(募集開始しました)
お問い合わせ、ご質問はこちら→shokunin-kigyoujyuku.com/お申し込み/お問い合わせ/

https://www.facebook.com/shokuninkigyoujyuku/photos/a.1082316871821138.1073741829.1064332290286263/1899011160151701/?type=3&theater

研修へのお問い合わせ、お申し込みはこちらから。

_______________________________________

◆書籍「職人起業塾」(第2刷)絶賛発売中

品薄でご迷惑をおかけしていた(6ヶ月研修のテキスト本でもある)書籍「職人起業塾」も重版から日が経って漸く流通が復活する様になって来ました。最近はAmazonでも定価で買える様です。私の希望では出来ましたら、Amazonのカートに入れて、近所の書店で取り寄せて頂くのがいいかと思います。地域ビジネスの本だけに。(笑)
もちろん、私にお声がけ頂いても送料無料でお送り致します!

_______________________________________

◆職人的マーケティングへの入り口:一般社団法人職人起業塾オフィシャルサイト

建築現場におけるマーケティングに取り組んで見たいとお考えの方は一度のぞいて見てください。実践型現場マネジメント理論、公開しています。無料公開のサンプルPDFはこちら

建築業界を現場の改革から変える志のある方、私達と共に未来の作り方を学びませんか!
こちらから→https://www.shokunin-kigyoujyuku.com

_______________________________________

職人的マーケティング論、メールマガジン配信中

元祖職人起業塾での開催内容や最新のマーケティング関連の(個人的な)考察などを低頻度ながら配信しています。無料ですのでよかったら登録してみてください。https://1lejend.com/stepmail/kd.php?

_______________________________________

【建築士、店舗デザイナー、アシスタント募集!働く時間はあなたが決めてください!】

久しぶりに建築設計、店舗デザイン、リフォーム・リノベーションプランナー及びアシスタント大々的に募集しています。
建築を通して地域の方々に快適と安心を届けたい(のを手伝いたい!)という方、お気軽に応募してください!リクルートページはこちら→https://www.indeedjobs.com/有限会社すみれ建築工房/jobs

すみれ建築工房の目指すサイクル

創業時から変わらない私達の想い
建築のプロとして周りの人々にすこしでも笑顔になってもらいたい。
建築の仕事を通して健康や安全をお渡ししたい。そして、地域社会に必要とされる企業となりたい。

工事を通してひとりずつのお客様の幸せの実現を果たして社会に貢献することを私たちの事業の目的としています。

皆様が訪問してくださるお陰でブログランキング一位に返り咲きました。本当にありがとうございます。
良かったら確認してみてくださいね。笑

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。