未分類」カテゴリーアーカイブ

書家 ごとうみのるの原理原則に沿った生き方。

平成30年9月18日晴れ

火曜日は朝活の日。

9月に入り日に日に、日の出が遅くなり日の入りが早くなるのを感じる今日この頃、今朝も4時台に起きてみるとあたりはまだ真っ暗ですっかり夜の風情、秋が確実に深まっているのを感じました。夜明け前の凛とした清々しい空気の中、今朝も張り切っていつもの筋トレを済ました後、神戸市倫理法人会のモーニングセミナーに参加してきました。高速道路を車を飛ばして会場に向かう最中、行く手から真っ赤な朝日が昇ってきて美しい朝焼けを見ながら「今日も朝起きして得したなぁ」と喜びながら良い1日になることを確信。やっぱり朝起きは繁栄の第一歩のようです。(笑)

書家の講話。

今日のモーニングセミナーの講話者は書家のごとうみのる氏が登壇されて、「縁に生きる」と言うお題目で波瀾万丈、冒険心と挑戦に溢れたご自身のこれまでの経験、人生を振り返りながら、人生を充実させ、より良きものにするために必要なこと、大事にするべきことを示唆されました。日本全国はおろか、世界中を書の路上パフォーマーとして巡り歩き、多くの人とご縁を紡いで生きてこられたと言うごとう氏のお話は笑いあり、驚きあり、最後に書のパフォーマンスまでしていただき、感動ありの非常にすばらしい講話となりました。朝から随分と得した気分です。

95%の人が後悔したこと。

ごとう氏が書家の路上パフォーマーとしてデビューすることになったきっかけに、あるアンケートの結果があったといいます。それは死を間近に控えた人々に「後悔している事はなんですか?」と質問したところ、95%の人が口を揃えて同じことを答えたと言うもので、それは「もっと冒険しておけばよかった」だったとのこと。それを聞いて、後藤氏は覇気もなくただ毎日を繰り返すだけの人生に決別して、路上パフォーマーへの道を進むことを決意されたとの事でした。一度きりの人生、人間誰しもできることなら後悔なく生きたいものですが、なかなか一歩を踏み出すその勇気が出ないのが実際のところで、感じたことをそのまま即行動に移されて人生を変容されたのは本当に凄いと思いました。

目標設定の重要さ。

書家として路上パフォーマーになるにあたってせっかく新しい人生を歩みだすのだから!と3つの目標立てられたといえます。その3つとは、「テレビに出ること」「有名人に出会うこと」「海外で活躍すること」で、本人曰く、ただのミーハーだったとのことですが、それでもその目標は全て達成されたとのことで、想いを口にすることの重要性、頭の中でイメージを作り上げる事で思考(目標)がそのイメージに沿って現実化すると言う原理原則を体感されたとの事でした。すべての事は2度作られると言うスティーブン・R・コヴィー博士の言葉通りです。

原理原則の破壊力。

そんなごとう氏のこれまでの生き様を聞いて、常日頃から私たちが学び、心がけている原理原則の重要さと大きな効果性を改めて感じることになりました。「気付いたら即行動に移す」「思いは口に出し言葉にする」「未来の成功イメージを鮮明に持つ」「人に喜んでもらう人生を送る」「達成するまでくじけない固い意志を持つ」そして「ご縁を大切にする」これらは全て小田全宏先生によるアクティブブレインセミナーのアドバンスコースで受講者全員が長期記憶に叩き込み生涯忘れないように脳に刻み込む「人生を成功に導く20の法則」に書かれてあることであり、また倫理法人会のバイブルである「万人幸福の栞」にも同じ意味の言葉が書かれています。

日々精進。

ごとうみのる氏が若くして原理原則に気づき、それに沿った選択を積み重ねてこられたのは本当に凄いことだと思います。本人曰く、小学生の頃から書道は習っていたが、他にたいした取り柄もないお調子者でいじめられっ子だった田舎の青年が海外のビジネスアワードで受賞する位の大活躍をするに至り、現在では私たちにも深い関わりがある多可町で地域活性化の取り組みをされるまでになった背景には原理原則の力が大きく作用していたと思わざるをえません。私も小田全宏先生に教わった人生を成功に導く20の法則と倫理法人会で学ぶ17箇条を常日頃から繰り返し心に刻み込み、日々より良い選択を繰り返せるように精進しようと誓った次第。かような素晴らしい会に参加させていただけるご縁に心から感謝です。本日も本当にありがとうございました。(^ ^)

_____以下は告知です!_____

【締め切り間近!大阪開催 残席4名になりました!】

一般社団法人職人起業塾ボトムアップ式実践型現場マネジメント厚生労働大臣認定研修 受講絶賛申し込み受付中!

厚生労働大臣認定 建築現場における卓越の戦略実践研修6ヶ月コース絶賛募集中!
【第13期】職人起業塾@大阪 2018年11月16日開講(募集開始しました)
お問い合わせ、ご質問はこちら→shokunin-kigyoujyuku.com/お申し込み/お問い合わせ/

https://www.facebook.com/shokuninkigyoujyuku/photos/a.1082316871821138.1073741829.1064332290286263/1899011160151701/?type=3&theater

研修へのお問い合わせ、お申し込みはこちらから。

_______________________________________

◆書籍「職人起業塾」(第2刷)絶賛発売中

品薄でご迷惑をおかけしていた(6ヶ月研修のテキスト本でもある)書籍「職人起業塾」も重版から日が経って漸く流通が復活する様になって来ました。最近はAmazonでも定価で買える様です。私の希望では出来ましたら、Amazonのカートに入れて、近所の書店で取り寄せて頂くのがいいかと思います。地域ビジネスの本だけに。(笑)
もちろん、私にお声がけ頂いても送料無料でお送り致します!

_______________________________________

◆職人的マーケティングへの入り口:一般社団法人職人起業塾オフィシャルサイト

建築現場におけるマーケティングに取り組んで見たいとお考えの方は一度のぞいて見てください。実践型現場マネジメント理論、公開しています。無料公開のサンプルPDFはこちら

建築業界を現場の改革から変える志のある方、私達と共に未来の作り方を学びませんか!
こちらから→https://www.shokunin-kigyoujyuku.com

_______________________________________

職人的マーケティング論、メールマガジン配信中

元祖職人起業塾での開催内容や最新のマーケティング関連の(個人的な)考察などを低頻度ながら配信しています。無料ですのでよかったら登録してみてください。https://1lejend.com/stepmail/kd.php?

_______________________________________

【建築士、店舗デザイナー、アシスタント募集!働く時間はあなたが決めてください!】

久しぶりに建築設計、店舗デザイン、リフォーム・リノベーションプランナー及びアシスタント大々的に募集しています。
建築を通して地域の方々に快適と安心を届けたい(のを手伝いたい!)という方、お気軽に応募してください!リクルートページはこちら→https://www.indeedjobs.com/有限会社すみれ建築工房/jobs

花は桜木、人は武士、柱は檜、足袋は力王。

平成30年9月17日曇り時々晴れ

「この世界の片隅に」の最終回

昨夜は、原作漫画とアニメ映画の両方で感じるところが多々あり、大いに感銘を受けた作品が実写版でTVドラマになった日曜劇場の「この世界の片隅に」の最終回の日でした。このところTVを観るタイミングが全くなく、録画で撮りためた3回分と合わせてリアルタイムにエピローグの感動を味わおうと楽しみにしていたにもかかわらず、司馬遼太郎の小説「義経」に引きずられているうちにそのまま寝てしまい、とうとう最終回もまとめて(そのうち)録画で片付けることになってしまいました。世間様の話題にはついていけませんが、ま、秋の夜長の楽しみに取っておこうと思います。

建設業界に祭日なし。

「さぁ、休み明けの月曜日、今日も張り切って屋根に登るぞー」と勢い込んで出社してみたら、よく考えると今日は敬老の日で世間様はどうやら3連休だったようで、祝日だということをすっかり忘れ去っておりました。なんとなくいつもと雰囲気が違うな〜と思っておりましたが、どうも世間一般の方々の感覚からずれてしまっているようです。そもそも、私が建設業界に入ってきた頃は「建設業界に祭日なし」と言われ、日曜以外の休みがないのは当たり前でした。建設業も完全週休二日制を!と大手ゼネコンの労働組合が言われている時代に、そんなことを言っていると時代遅れだと笑われて(怒られて?)しまいますが、スタッフの事はさておき自分自身は今もその時代の感覚が残っているような気がします。実際は日曜日も関係ありませんが、、(笑)

花は桜木、足袋は力王。

最近、とみに休みなく忙しい原因の一つはやっぱり、過日、関西を直撃した台風の影響で、このところ私も神戸にいる間は毎日のように屋根に登り続けておりまして、今日も被害調査と応急措置のブルーシートかけにダンプに2連梯子を積み込んであちらこちらと走りまわりました。そんな中、今日はとうとう本気モードになり、地下足袋を購入「力王ファイター」なる12枚ハゼのモノを買って十数年振に履いて見たところ、職人の象徴といっても過言でない地下足袋がビシッと決まった瞬間、職人、現場作業員にすっかり復帰した気分を味わいました。(笑)
実際、屋根に上ってみるとスニーカーで時とはまるで違うソールの食いつきに大満足で、足場無しの6寸勾配の屋根に登るのは危険かと思い、念のために用意した親綱を渡して落下防止の命綱を付けるのを止めるほど安全な感じで、昔ながらのモノもまだまだ捨てたものではないと嬉しくなった次第です。

体験を経験に。

今回、地下足袋を用意しようと思ったのは、前振りがあります。台風の直後に床下への水の侵入の相談に伺ったお宅で、家の周り、犬走の水はけが悪いのではないかとの話になり、外回りの調査をしているうちに家のすぐ隣の松林からの枯葉がと樋に詰まっているのではないか、との推測に至りました。お客様に聞いてみると新築当時から10年間、屋根に登るなんて怖いから1度も樋の掃除をしたことなどないが、二階の窓から見ると松の葉で軒樋がいっぱいになっているとの事。屋根に登ってみると完全に軒樋も集水器も詰まっており、全く樋の機能を果たしておりませんでした。これでは降った雨はそのまま屋根の分も犬走に落ちている状態となっており、それじゃぁ激しい雨の際は水位が上がるかもしれないね、と言うことでその場で掃除をすることになりました。

現場実務はイメージ力にかかっている。

その時の屋根が6寸勾配で、下屋根も大屋根も軒先まで進んでいって樋掃除をするのが、まーまー命がけで、軒樋の掃除をしながら「今、足を滑らしたら死ぬな」と思ったこともあり、今日はその教訓から朝から6寸勾配の屋根に登る前に地下足袋を買いに行ったのでした。10数年ぶりに履いて見た地下足袋は足にぴったりフィットする上に粉っぽいスレート瓦の上でもしっかりとグリップして全く滑らず非常にいい感じ。お陰で今日の調査や作業は順調に、安全に済ますことが出来て、(地下足袋を買いに行く程度の)ちょっとした準備で1日が大きく変わるのを実感した次第です。この辺りが職人起業塾で皆に伝えている、未来の(詳細な)イメージ作りとシュミレーションの効果であり、一度の体験を糧にして、次に同じような出来事が巡って来た時にイメージを膨らませ、鮮明に思い浮かべた作業手順を詳細に辿ることで、現場に到着してからは全て予定通り、イメージ通りに進むようになる。思考を現実にする、全てのものは2度作られる、といった概念の実務への転用です。職人にはやっぱり、イメージ発想力を鍛え、使う技法であるアクティブ・ブレイン・セミナーが有効だよな、と再確認することになりました。とにかく、今日も無事に済んで良かったです。(笑)
皆様も、ご安全に。

_____以下は告知です!_____

【締め切り間近!大阪開催 残席4名になりました!】

一般社団法人職人起業塾ボトムアップ式実践型現場マネジメント厚生労働大臣認定研修 受講絶賛申し込み受付中!

厚生労働大臣認定 建築現場における卓越の戦略実践研修6ヶ月コース絶賛募集中!
【第13期】職人起業塾@大阪 2018年11月16日開講(募集開始しました)
お問い合わせ、ご質問はこちら→shokunin-kigyoujyuku.com/お申し込み/お問い合わせ/

https://www.facebook.com/shokuninkigyoujyuku/photos/a.1082316871821138.1073741829.1064332290286263/1899011160151701/?type=3&theater

研修へのお問い合わせ、お申し込みはこちらから。

_______________________________________

◆書籍「職人起業塾」(第2刷)絶賛発売中

品薄でご迷惑をおかけしていた(6ヶ月研修のテキスト本でもある)書籍「職人起業塾」も重版から日が経って漸く流通が復活する様になって来ました。最近はAmazonでも定価で買える様です。私の希望では出来ましたら、Amazonのカートに入れて、近所の書店で取り寄せて頂くのがいいかと思います。地域ビジネスの本だけに。(笑)
もちろん、私にお声がけ頂いても送料無料でお送り致します!

_______________________________________

◆職人的マーケティングへの入り口:一般社団法人職人起業塾オフィシャルサイト

建築現場におけるマーケティングに取り組んで見たいとお考えの方は一度のぞいて見てください。実践型現場マネジメント理論、公開しています。無料公開のサンプルPDFはこちら

建築業界を現場の改革から変える志のある方、私達と共に未来の作り方を学びませんか!
こちらから→https://www.shokunin-kigyoujyuku.com

_______________________________________

職人的マーケティング論、メールマガジン配信中

元祖職人起業塾での開催内容や最新のマーケティング関連の(個人的な)考察などを低頻度ながら配信しています。無料ですのでよかったら登録してみてください。https://1lejend.com/stepmail/kd.php?

_______________________________________

【建築士、店舗デザイナー、アシスタント募集!働く時間はあなたが決めてください!】

久しぶりに建築設計、店舗デザイン、リフォーム・リノベーションプランナー及びアシスタント大々的に募集しています。
建築を通して地域の方々に快適と安心を届けたい(のを手伝いたい!)という方、お気軽に応募してください!リクルートページはこちら→https://www.indeedjobs.com/有限会社すみれ建築工房/jobs

無知は罪。中古住宅×リノベーションと壁内結露大量発生問題。

平成30年9月15日曇り

現場実務に奮闘中!

東京でのアウトプットインプット盛りだくさんの出張を終えて神戸に帰ってみると、相変わらず緊急度の高い重要なタスクがてんこ盛り。既に大まかスケジュールは詰まっているにもかかわらず、まだまだ毎日のように事務所へはもちろん、携帯電話にも直電で続々と台風関連の連絡が入ってきます。当分、ハシゴを積んで走り回る日々が続きそうです。。

雨漏りのように見える壁内結露

今日は朝からお客様からご紹介いただいた(らしい)マンションリノベーションの相談に同行した後、昼飯も食わずにエクステリアリフォームのご相談、そのまま御影に飛んで昔からお世話になっている不動産会社の社長の依頼で売却した物件の瑕疵担保責任保証の調査に。なんでも先の台風で壁に漏水箇所が発覚したとのことで、買主側から連絡があったのを受けて意見を聞かせて欲しいと請われて、見に行ってみると雨漏り跡としてマーキングされてるところはサッシ廻りばかりで、しかもよく調べてみるとあちらこちらの窓周りに水沁みが確認できました。「これは外部からの雨水の侵入ではなく、どうやら内部結露が原因ではないか」と見解を申し上げてきました。ただ、雨漏りが全くしていないとの断定はできないので、少し様子を見てはどうでしょうと提案をしましたが、得心は頂けなかったようでした。

「問題があって当たり前」という非常識。

今回の案件は築25年の中古戸建を購入された方がフルリノベーションをされるとのことで、内装の内張りボードを全てめくってグラスウールを入れ替えるべく撤去していたのであちらこちらに水沁みの跡が露見しましたが、築20年以上経つ物件はほとんどの住宅で内部結露が起こっており、表面的なインスペクションでは調査できないのが現実です。基礎パッキンも施行されていない土台には一部腐朽菌がついており腐れ部も見られました。これも内張りをめくらないと露見しない問題で、雨水の侵入以外は瑕疵担保責任を問われないかというと微妙なところではありますが、私たちのような現場実務者からするとごくごく当たり前の光景ではあります。中古住宅を購入された住まい手さんにとっては由々しき問題であり、軽々しく「中古の木造住宅ってこんなもんですよ」とは言えず、とは言え、そもそも建物の価値が高くない物件を売った売主の瑕疵だとも言えない苦しい現場調査となりました。

無知は罪。

20数年前に新築でこの物件を建てた時代には、(その当時の)全く以て標準的な施工、(法律的にも問題ない)をされているし、設計および施工に問題があったとは言えにくいですが、その当時使われていたグラスウールの熱貫流率と室内外の気温差、そして一般的な室内の相対湿度を計算すると明らかに内部結露が起こる仕様になっています。特にサッシ周りはアルミサッシの単板ガラスで今の樹脂サッシ、樹脂アルミ複合サッシに比べると断熱性能の違いは歴然で、結露して当たり前の仕様しか(一般的には)選択肢がありませんでした。正直に言ってしまうと実際、私自身も大工として何の迷いも疑問も持たずにそのような施工をしておりましたし、その当時はハウスメーカーの下請けの工事が大半を占めておりましたが、自社物件もあり、無知は罪、と言いますが、今思い返すとお施主様に何だか申し訳ないような気がします。

高断熱高気密住宅が当たり前に(やっと)なる。

昨今、すっかり「流行」と言うよりはスタンダードになってきた高断熱高気密住宅の施工は室内の温熱環境が温かくなることで呼吸器系の疾患(平たく言うと風邪)のリスクが減り健康になる、エネルギーの消費が少ないのでランニングコストが安くなり経済的なパフォーマンスが上がる、省エネで環境に優しいといったメリットの他にも建物を長持ちさせるように内部結露が起こらないスペックを計算で表し施工に反映するといったメリットも実はあります。ちなみに、壁内結露の予防として現在は殆どの住宅で外壁に通気層が設けられておりますが、これは私たちが断熱施工を師事している新住協の鎌田元室蘭大学教授が発案し、国が定めた長期優良住宅の標準仕様として全国的に広がったものです。現在、法改正が閣議決定されて移行期にある2020年から改正される新しい建築基準法も当然この流れになっており、もう少ししたら漸く日本の住宅は内部結露がしにくくなるのが当たり前になります。

無知だった建築会社の懺悔。

建物性能を数値化して検証する高断熱高気密仕様の新築住宅や断熱改修をはじめとする建物性能を高めるリフォーム、リノベーションの提案など、私たちはいち早くその建築基準法の新基準に取り組んでいます!と今は偉そうなことを言っても、すみれでも本格的に住宅性能の数値化に踏み切ったのはたかだかこの5〜6年のことで、それまではこれまで通りの一般的な施工を何の迷いもなく行って来た訳で、壁内結露をしてしまう住宅を作ってきたのが事実であり、正直、少し後ろめたい思いがあるのは否めません。今、私たちに出来るのは、サッシ周りの断熱性能を改善するリフォームの提案や、結露を少なくする為に住宅内の温度格差を減らしたり、燃焼系の暖房器具の使用を抑えるとか、換気をマメに行って室内の湿度が上がり過ぎないようにするなどの暮らし方の提案くらいしかできませんが、それも建築会社の責任の取り方の一つと考えてお客様に伝えていきたいと思っています。

建物瑕疵大量発生の危惧。

今回、中古住宅の売買に絡む瑕疵担保責任の補償問題での相談を受けて、「難しい問題やな〜」と頭を抱えたのは、内部結露による壁内や小屋裏、土台などへのダメージの程度がわからないことです。築25年の木造在来工法の建物といえば、脆弱な断熱(床下など無断熱が珍しくない)基礎パッキン無しでコンクリート基礎の上に土台が直に敷かれており、外壁に通気層も無く、外気の冷気が壁内にダイレクトに伝わる仕様が当たり前であり、今年から住宅中古流通における説明責任が義務化になったインスペクションの普及による買い手側擁護の風潮は、表面的にはわからないが、壁をめくって調べてみると程度の差はあれども必ずと言って良いほど見られる内部結露の水沁み、腐朽菌の付着からくる腐れが建物の構造上主要な部分の瑕疵として問題になるのではないかということです。

世の中はすべからず表裏一体。

今後、10年間で住宅の3分の1が空き家になると言われるこれかからの時代、中古を買ってリノベーションが時代の主役になろうという時に、熱貫流率計算を行なって内部結露が起こる数値を示す物件が取引されないようになるとほぼ全てと言って良いくらいの住宅が巨大ゴミと化してしまいます。逆に、この問題を知らずに中古物件を買う人が大半だと考えれば、意味のない表面的なインスペクションの結果をみて購入を決められた後で思わぬ問題が発生して、困る人が多く現れる可能性が有るのではないかとも思うのです。どちらにしても、メリット、デメリットは表裏一体。その理解は絶対に必要だと思います。すみれでは現在もインスペクションの精度を上げるべく、サーモカメラによる断熱欠損の調査や低周波電磁波の帯電状況を計測するなど、表面的な目視だけではない建物診断をお勧めしておりますが、今後は壁内結露がある前提での調査、報告を取り入れるべきかと改めて考えた次第です。この記事を読んでもよく分からんぞ、と言われる中古物件を買ってリノベーションをお考えの方はお気軽にご相談ください!(笑)

_____以下は告知です!_____

【締め切り間近!大阪開催 残席4名になりました!】

一般社団法人職人起業塾ボトムアップ式実践型現場マネジメント厚生労働大臣認定研修 受講絶賛申し込み受付中!

厚生労働大臣認定 建築現場における卓越の戦略実践研修6ヶ月コース絶賛募集中!
【第13期】職人起業塾@大阪 2018年11月16日開講(募集開始しました)
お問い合わせ、ご質問はこちら→shokunin-kigyoujyuku.com/お申し込み/お問い合わせ/

https://www.facebook.com/shokuninkigyoujyuku/photos/a.1082316871821138.1073741829.1064332290286263/1899011160151701/?type=3&theater

研修へのお問い合わせ、お申し込みはこちらから。

_______________________________________

◆書籍「職人起業塾」(第2刷)絶賛発売中

品薄でご迷惑をおかけしていた(6ヶ月研修のテキスト本でもある)書籍「職人起業塾」も重版から日が経って漸く流通が復活する様になって来ました。最近はAmazonでも定価で買える様です。私の希望では出来ましたら、Amazonのカートに入れて、近所の書店で取り寄せて頂くのがいいかと思います。地域ビジネスの本だけに。(笑)
もちろん、私にお声がけ頂いても送料無料でお送り致します!

_______________________________________

◆職人的マーケティングへの入り口:一般社団法人職人起業塾オフィシャルサイト

建築現場におけるマーケティングに取り組んで見たいとお考えの方は一度のぞいて見てください。実践型現場マネジメント理論、公開しています。無料公開のサンプルPDFはこちら

建築業界を現場の改革から変える志のある方、私達と共に未来の作り方を学びませんか!
こちらから→https://www.shokunin-kigyoujyuku.com

_______________________________________

職人的マーケティング論、メールマガジン配信中

元祖職人起業塾での開催内容や最新のマーケティング関連の(個人的な)考察などを低頻度ながら配信しています。無料ですのでよかったら登録してみてください。https://1lejend.com/stepmail/kd.php?

_______________________________________

【建築士、店舗デザイナー、アシスタント募集!働く時間はあなたが決めてください!】

久しぶりに建築設計、店舗デザイン、リフォーム・リノベーションプランナー及びアシスタント大々的に募集しています。
建築を通して地域の方々に快適と安心を届けたい(のを手伝いたい!)という方、お気軽に応募してください!リクルートページはこちら→https://www.indeedjobs.com/有限会社すみれ建築工房/jobs

役割は天命と思い全うせよ。

平成30年9月14日曇り時々雨

第一領域と第二領域のバランス。

東京での職人起業塾研修から帰ってきた出張明けの今日から週明けにかけては、朝から夜までびっしりと予定が詰まっており、スケジュール管理に注力する、と言うよりは、スケジュール帳にすっかり管理されている風情になってしまっています。何をさておき行うべきは緊急性の高い重要なこと、いわゆる第一領域の分野を全う出来ずでは、あらゆるものが根本からダメになってしまうわけですから、当分の間は目の前のタスク、台風絡みの調査や対処に、「頼まれごとは試され事」の精神で走りまわりたいと思います。

台風の来週から2週間以上が経った今も、いまだに次々とかかってくる雨漏り調査や、屋根や家屋の修理の電話で空いている予定は埋め尽くされて行っておりますが、もともと決めていた予定を全てすっとばすわけにもいかないのも現実で、優先順位が間違っていないかと自問自答しながら、何となく落ち着かない気持ちを抱えつつ、今日は夕方から兵庫県倫理法人会の事例交付式に出席しました。

ご縁に生かされる。

10年以上前、まだ私たちが今の本社ビルに移る前、小さな倉庫兼事務所で営業を始めた頃にご縁をいただき、ご自宅を全面改装すべく丸ごと一棟のリノベーション工事を注文してくださったお客様でもあり、神戸を代表する女性経営者であり、手紙の素晴らしさを伝えるセミナーを全国津々浦々で開催されている村山順子先生に「一緒に学びましょう」とお誘いいただいて、1年ほど前に神戸市倫理法人会に入会する運びになりました。それから1年経ったから、と言うわけではありませんが、この度、神戸市倫理法人会の幹事と言う役割を拝命することになりました。懇親会の席で隣になった村山順子先生が、「若かりし頃の高橋さんに仕事を注文したのは私に見る目があったのよ。」と言われておりましたが、どちらかと言うと逆に今の私があるのはその時駆け出しの工務店だったすみれを選んでくださった村山先生のような方々のおかげで今があると言っても過言ではありません。それから10数年の年月が経った今もこのようなご縁を頂けて、お客様に生かされているなと感じずには居られません。

素直と謙虚。

役職者として初めて参加することになったこのたびの辞令交付式は、兵庫県全域から100名以上の経営者の方が集まられ、念入りなリハーサルが行い、立ち位置から黙礼の角度やそのタイミング、事例を受け取るときの手順まで事細かにびしっと決められた通り行われる非常に良い意味での緊張感のある会合でした。村山順子先生曰く「いい大人というか、立派な経営者さん達が子供のように素直に式次第に則って会に参加されている姿が素晴らしい」との事でしたが、確かに、いくつになっても素直さを忘れずに謙虚に振る舞うことと言う松下幸之助翁がずっと口にされていた原理原則を真摯に守られている経営者がこんなにも多くおられるのかと驚くとともに、自分自身も気を引き締めなければと心底感じた次第です。

役割は、天命と思い全うせよ。

事例交付式の後の懇親会の席上で、挨拶に立たれた方々が繰り返し口にされたのは、「役割は、命だと思って全うしてください。」という言葉で、全国で70,000社、大阪ではもうすぐ3,000社、兵庫県でも1000社超えを今期中に目指すと言う位、圧倒的な数の企業が倫理法人会に加盟し、倫理経営に取り組んでいる背景には、手弁当で活動をする会員、その中でも役職者の方々の不断の努力があり、近年一気に加盟社が増えているのはその結果だと思います。「当たり前のことを当たり前に行う」原理原則に則った経営、高い倫理観を持ってご縁がある人から新の信頼を得られるような経営を目指すと言う視点は、私自身がこの10数年間目指してきた事でもありますし、職人起業塾のカリキュラムの中のマーケティング理論の大本でもあります。自分自身の精進ももちろんですが、同じ思想、同じ思考、同じ志を持った仲間を増やすことに私も微力ながら努力したいと思います。実際は、出張に出ていることも多く会合にもあまり参加できていないのが現状ですが、頼まれごとは試されごと、いただいた役割は天職だと思い精一杯の努力をしようと決意する日となりました。ちなみに、神戸市倫理法人会のモーニングセミナーは毎週火曜日朝6時半から神戸ポートピアホテルで開催しています。ご興味のある方はお気軽にお声掛けください!(笑)

_____以下は告知です!_____

【締め切り間近!大阪開催 残席4名になりました!】

一般社団法人職人起業塾ボトムアップ式実践型現場マネジメント厚生労働大臣認定研修 受講絶賛申し込み受付中!

厚生労働大臣認定 建築現場における卓越の戦略実践研修6ヶ月コース絶賛募集中!
【第13期】職人起業塾@大阪 2018年11月16日開講(募集開始しました)
お問い合わせ、ご質問はこちら→shokunin-kigyoujyuku.com/お申し込み/お問い合わせ/

https://www.facebook.com/shokuninkigyoujyuku/photos/a.1082316871821138.1073741829.1064332290286263/1899011160151701/?type=3&theater

研修へのお問い合わせ、お申し込みはこちらから。

_______________________________________

◆書籍「職人起業塾」(第2刷)絶賛発売中

品薄でご迷惑をおかけしていた(6ヶ月研修のテキスト本でもある)書籍「職人起業塾」も重版から日が経って漸く流通が復活する様になって来ました。最近はAmazonでも定価で買える様です。私の希望では出来ましたら、Amazonのカートに入れて、近所の書店で取り寄せて頂くのがいいかと思います。地域ビジネスの本だけに。(笑)
もちろん、私にお声がけ頂いても送料無料でお送り致します!

_______________________________________

◆職人的マーケティングへの入り口:一般社団法人職人起業塾オフィシャルサイト

建築現場におけるマーケティングに取り組んで見たいとお考えの方は一度のぞいて見てください。実践型現場マネジメント理論、公開しています。無料公開のサンプルPDFはこちら

建築業界を現場の改革から変える志のある方、私達と共に未来の作り方を学びませんか!
こちらから→https://www.shokunin-kigyoujyuku.com

_______________________________________

職人的マーケティング論、メールマガジン配信中

元祖職人起業塾での開催内容や最新のマーケティング関連の(個人的な)考察などを低頻度ながら配信しています。無料ですのでよかったら登録してみてください。https://1lejend.com/stepmail/kd.php?

_______________________________________

【建築士、店舗デザイナー、アシスタント募集!働く時間はあなたが決めてください!】

久しぶりに建築設計、店舗デザイン、リフォーム・リノベーションプランナー及びアシスタント大々的に募集しています。
建築を通して地域の方々に快適と安心を届けたい(のを手伝いたい!)という方、お気軽に応募してください!リクルートページはこちら→https://www.indeedjobs.com/有限会社すみれ建築工房/jobs

独立起業した大工が示す「人の道」

平成30年9月10日雨

丹波で迎える朝。

明け方、但馬のリノベーション前の古民家にて、いつにない感じで雨音に優しく起こされました。目を覚ましてみると庭先を叩く雨音だけではなく、家の中でもポタリポタリと雫が垂れる音がしており、先日の台風の際に雨漏りした箇所から昨日の雨でも結構な雨漏りがしており、「台風直撃じゃ少々の雨漏りはしょうがないよね、」と言っていたのですが、どうやらそれだけでは問屋が卸さず、後遺症が続いているらしく、早々に修繕が必要なことがわかりました。今朝は何の処置をしたわけではありませんが、雨漏りの程度と場所が認識できましたし、(座布団枕のゴロ寝ですが、)泊まっていて良かったなと少しだけ得した気分になりました。幾つになっても体験してみて初めて気がつくことが色々とあるものです。(笑)

トカイナカ丹波。

明け方の雨音だけが響く、静まり返った丹波の里をぐるりと取り囲む山々から霧が立ち上り、幻想的、と言うよりも幽玄と呼ぶ方が相応しい雰囲気の中、古民家を後にして高速道路をひた走って帰宅後、毎朝のルーティーンである筋トレとアイドル犬チャックとの散歩をすませてから、いつも通りに出社。このところイベントがあるたびに但馬の古民家に(ごろ寝で)宿泊しているのですが、車で1時間っていうのは十分通勤圏なんだと今更ながら再確認した次第で、ひょんな流れで丹波での「古民家から再生プロジェクト)に深く関わるようになり通い出してみると丹波の里はほんとに身近な田舎なのだと改めて認識を新たにしました。神戸、大阪界隈の皆さんは、トカイナカの丹波にぜひ気軽に遊びに来てください。

台風緊急対応続行中。

さて、今日も午前中から台風被害の現地確認にお客様宅に出向きがっつりと調査とヒアリング。まだまだ毎日のように新たな問い合わせや相談が相次いでおり、今日も1日中奔走するになりました。一度台風で雨漏りすると、水の通り道ができて次からはたいした雨じゃなくても雨漏りする様になってしまう事は珍しいことではなく、訪問する先々でなかなか断定するのが難しい雨漏りの調査を繰り返しました。私は普段、こんなに現場調査や応急対応を行いに現場に行く事は無いのですが、只今は非常事態と言うことで(神戸にいる間は)極力現場に出るようにしておりまして、いざ現場復帰をしてみるとずいぶん昔からお世話になっているお客様に再会する機会や、以前から繰り返しご注文をいただいているにもかかわらず、担当者任せでいちどもご挨拶できなかったお客様先に行って挨拶することができたり、それはそれで嬉しいもので今日も10年来のお付き合い頂いて何件もご紹介を繰り返して下さったお客様や、以前にすみれで働いていたスタッフの紹介のお客様宅で応急処置で活躍したりと建築屋らしい仕事をした実感を持てる良い1日になりました。

お客様から退職した社員への直電。

そんな中、今日は非常に嬉しいお言葉をお客様から頂くことが出来ました。それは、今回の台風の後、雨漏りの調査、修理と一緒に今まで気になっていた家のことを全て一緒に直してしまおうと思い立ち、意を決して電話したのは、すみれを1年ほど前に退職し、現在個人事業主として活躍している元社員大工だったとのことで、「この際、あれもこれも直したいから見にきてくれませんか?」と聞くとその元社員は既にすみれを退職した旨を伝え、「直接、自分に電話を下さったのはありがたいが、すみれへの義理が立たないので、まずは高橋社長に電話してください」と答えたそう。
そのお客様はそもそもは古くから私との付き合いがあったので、そういうことなら、と私ご指名で現地調査のご依頼を頂き、伺う運びとなったのですが、本日行って話していると、その退職した元社員大工がいかに熱心に、真摯に現場に務めてくれたか、を熱心に話してくれました。私としては現場での裁量を全て渡すので経営者感覚を持ってお客様に向き合え、と言い続けていたのが実際にその通りになっていたのだと非常に喜びました。

起業できるくらいの人材を育てなければ顧客満足はない。

お客様は「あんなに立派に成長した社員さんが退職して残念やなあ、」と言われてましたが、現場担当者に絶対的な顧客満足を勝ち取って貰うにはいつでも起業できるくらいの意識とスキルを持って現場やお客様に向き合わなければならないと思っていますし、言われた事しか出来ない者に任せっぱなしには出来ません。創業から5年ほど経ってすみれもある程度の規模になり、全ての現場を私一人で見ることが出来なくなった時点で、担当大工に権限委譲をして、経営者感覚も一緒に移す事が絶対に必要だと感じて、社員大工向けの社内研修を熱心に始めるようになったのが、現在全国5拠点で展開している建築実務者向けの研修事業である職人起業塾で、元々は将来独立したいと言う社員大工のための独立支援の取り組みでした。「大工みたいな職業ですから、一度は自分で事業をやってみたい。起業したいと言うのはいいと思うんです」とお客様の言葉に対して私が答えたのに対して、「社長がええから社員さんがあないに素晴らしくなるんやなー」と少しこそばくなるくらいの賞賛の言葉を頂き、「タイミングが合えば、元社員を現場担当に来て貰って一緒にしてくださいね。」とこれまた涙が出るくらい嬉しいお言葉をかけて下さいました。

人の道。

経営の神様と言われるドラッカー博士のドラッカーの責任労働者・経営組織論に書いてある一文にこのようなものがあります。

「誰もが,自分を『経営者』とみなして,基本的には経営責任 である重責を全面的に引き受けるというような組織 をつくりあげて指導していく課題もあるのである。」基本的な経営責任というのは,自分自身の職務や仕事仲間に対する責任,組織全体の業績と成果に対する自分自身の貢献に対する責任 ,職場社会の社会的な課題に対する責任のことである

数年前にこの文章を読んで、私がこの十数年間、社員大工に経営者感覚を植え付けようと必死になって権限委譲とそれに応える事が出来るスキルの習得を課してきたのは間違いでなかったのだと改めて思ったのですが、確かに社員の独立起業を促す結果に繋がる事もあるのは事実で、お客様から絶大な信頼を得るようになった社員が退職するのは大きな痛手であるのは間違いありません。しかし、退職してからもお互いに助け合う関係性を築けておれば、最終的には良い結果になると私は信じており、(いまのご時世、絶対にオススメはしませんが、)独立起業したいと言うスタッフについては応援をするようにしています。今回、お客様から直接電話が掛かってきても義理が立たんからと言ってすみれへの連絡を勧めた元社員のように「人の道」を守れる経営者を数多く輩出できればこんなに嬉しいことはありません。実は近隣に大勢いるすみれを卒業して活躍されている経営者達とも仲良く、共に次の時代を勝ち残っていきたいと思っています。いっぺーくん、よろしくな、(笑)

_____以下は告知です!_____

【締め切り間近!大阪開催 残席4名になりました!】

一般社団法人職人起業塾ボトムアップ式実践型現場マネジメント厚生労働大臣認定研修 受講絶賛申し込み受付中!

厚生労働大臣認定 建築現場における卓越の戦略実践研修6ヶ月コース絶賛募集中!
【第13期】職人起業塾@大阪 2018年11月16日開講(募集開始しました)
お問い合わせ、ご質問はこちら→shokunin-kigyoujyuku.com/お申し込み/お問い合わせ/

https://www.facebook.com/shokuninkigyoujyuku/photos/a.1082316871821138.1073741829.1064332290286263/1899011160151701/?type=3&theater

研修へのお問い合わせ、お申し込みはこちらから。

_______________________________________

◆書籍「職人起業塾」(第2刷)絶賛発売中

品薄でご迷惑をおかけしていた(6ヶ月研修のテキスト本でもある)書籍「職人起業塾」も重版から日が経って漸く流通が復活する様になって来ました。最近はAmazonでも定価で買える様です。私の希望では出来ましたら、Amazonのカートに入れて、近所の書店で取り寄せて頂くのがいいかと思います。地域ビジネスの本だけに。(笑)
もちろん、私にお声がけ頂いても送料無料でお送り致します!

_______________________________________

◆職人的マーケティングへの入り口:一般社団法人職人起業塾オフィシャルサイト

建築現場におけるマーケティングに取り組んで見たいとお考えの方は一度のぞいて見てください。実践型現場マネジメント理論、公開しています。無料公開のサンプルPDFはこちら

建築業界を現場の改革から変える志のある方、私達と共に未来の作り方を学びませんか!
こちらから→https://www.shokunin-kigyoujyuku.com

_______________________________________

職人的マーケティング論、メールマガジン配信中

元祖職人起業塾での開催内容や最新のマーケティング関連の(個人的な)考察などを低頻度ながら配信しています。無料ですのでよかったら登録してみてください。https://1lejend.com/stepmail/kd.php?

_______________________________________

【建築士、店舗デザイナー、アシスタント募集!働く時間はあなたが決めてください!】

久しぶりに建築設計、店舗デザイン、リフォーム・リノベーションプランナー及びアシスタント大々的に募集しています。
建築を通して地域の方々に快適と安心を届けたい(のを手伝いたい!)という方、お気軽に応募してください!リクルートページはこちら→https://www.indeedjobs.com/有限会社すみれ建築工房/jobs

人生とは記憶であり、記憶とはイメージである。#すべてのものは2度作られる。

平成30年9月8日曇り時々雨

書道教室オフ会。

昨夜の仙台国分町での大いに盛り上がった職人起業塾@仙台の懇親会の余韻を若干引きずりながら朝1番の飛行機で帰神、相変わらず台風21号の影響が残りワサワサしておりますが、それでも少ししっとりとした秋の風情を感じる1日となりました。夕方からの店舗事業部会と工務部リーダーMTGを終えて時計を見ると21時を回っており、少し遅くなりすぎたかと思いつつも、書道教室のオフ会?的な飲み会に誘われていたので、地場野菜と垂水漁港の昼網の新鮮な魚が食べられる、何を注文しても美味いと噂の近所の旬菜居酒屋「やっさん」へと出向きました。遅ればせながら、と行って見ると書道教室のオフ会と思いきや、書道とは全く関係のない、なんのことはないたわいも無い話で盛り上がっており、私も珍しい地元での飲み会に心を和ませました。

オブザーバー参加者からのメッセージ。

そんな中、私のiPhoneには昨日の仙台の職人起業塾にオブザーバー参加されていた経営者さんから感謝の言葉を綴った丁寧なメッセージが送られてきて、私がワイフワークとして取り組んでいる現場実務者向きの原理原則系マーケティングのカリキュラムに共感を頂けた事をたいそう喜びました。いいご縁を頂けた事に心から感謝するばかりです。中村社長、理解ある経営者さんを紹介頂きまして誠に有難うございました。熱いメッセージを送って下さったB社長は帯同された社員さんとの研修からのの帰り道で私が行なっていた研修の内容を受けて、目標達成能力をつけるための習慣に取り組むことを社員さんと一緒にそれぞれコミットされたそうです。

読まずに死ねるか。

熱いメッセージとともに送られてきた写真には私が超絶お勧めしている書籍が写っており、私が研修のテキスト本として上梓した書籍「職人起業塾」と合わせて早速購入して読み始めたと書かれてありました。一緒に購入されたと写真に写っていた私がハマりまくっている高橋克彦さんの代表作である火怨は東北の英雄である阿弖流為を主人公にしたリーダーたる者が守るべき矜持と、絶対に勝てるはずがないような強大な敵と戦うためには策が必要で、綿密な策を立てることで闇雲に行動するのとは全く違う成果を得ることができるという2つのメタファーを得ることができる素晴らしい作品です。東北に住んでいればこれは読まずに死ねんでしょ、と強くお勧めしましたが、B社長は私が大絶賛した東北を舞台にした作品よりも先に7つの習慣に手を伸ばされて、インサイドアウトから始まる原理原則の大切さに改めて心を震わされたとメッセージに書かれておられました。もちろん、7つの習慣も研修の中で繰り返し引用している書籍で、私の人生を変えたと言っても過言ではない本を熱心に読み解いてくれる方が現れたのは私にとっても嬉しい限りです。

驚愕の記憶術。

そんなB社長が昨日の仙台の研修に参加され、多くの学びがあったと言われた中でも最も興味を惹かれたのが職人起業塾のカリキュラムの中に組み込まれているアクティブブレインセミナーの記憶術で、塾生たちが復讐がてら瞬間記憶のデモンストレーションをするのを見て感動し、すぐさまご自身も研修を受講したいと申し込まれておりました。そんな話を今日のオフ会の中でしていて、そんな流れからビールをさんざん飲んだ私がランダムな20個の単語を一瞬にして覚えるデモンストレーションをすることになりました。それを見ていた習字仲間の船谷女史は「なにこれ、気持ち悪い」と大いに驚かれ、同時に(やっぱり)非常に興味をそそられたようで、そこそこの歳になってすっかり記憶力が悪くなった自分でもできるのかと熱心に聞いておられました。「もちろんできるようになるし、高校生の娘さんがいるんやったら一緒に受講したほうがいいよ」と今日もまたアクティブブレインセミナーの受講を強く勧めておきました。(笑)

職人起業塾のカリキュラムにアクティブブレインセミナーが組み込まれてある理由。

私が記憶術であるアクティーブレインセミナーをお勧めするというか、職人起業塾のカリキュラム中に組み込んでいる理由は、ただ瞬間記憶ができるようになって「私はまだまだ出来るんや!」とセルフイメージが上がるだけではなく、実際に建築実務に欠かせない技法だと思っているからです。もっと言うと、建築の仕事だけではなく人生そのものにとっても記憶術を学び脳の使い方を変える事は非常に大きな影響があると思っており、その理由は、これまで生きてきた人生と言うのは記憶のことであり、その記憶は文字で脳に格納されているだけではなく、すべてイメージとして貼り付けられて保存されています。要するに人生とはイメージの蓄積に他ならず、その観点からこれから先の人生を鑑みると、未来のイメージを発想し詳細に作り込むことができればイメージに沿った人生を歩めると思っているからで、実際、私自身もその技法を使って人生を作っているといっても過言ではありません。

大工のイメージ活用法。

わかりやすい例を挙げると、その昔私が大工として働いていた頃、夜寝る前に翌日の作業現場に着いたところから帰るまですべてのシーンを詳細にイメージするようにしていました。少しでもイメージがぼやけるところは、図面を見返して確認したり手順や収まりを図に描いて考えたりしたものです。前日に詳細かつ鮮明なイメージを作り上げてから現場に行くと全て一度作ったものをなぞるような感覚でスムーズに現場作業が進みますし、途中で立ち止まって図面を見返したり、考え込んだりする事がなくなりました。スティーブン・R・コヴィー博士は「7つの習慣」の中ですべてのものは2度作られると書かれていましたが、それはイメージを作るということに他ならず、それは翻って未来の記憶を作る事になるのです。コヴィー博士が提唱された概念を実践するには記憶術の技法を学び身に付けることが非常に重要で、絶対に建築の実務と切り離せないと思い小田全宏先生に無理を申し上げて職人起業塾のカリキュラムの中にアクティブブレインセミナーを組み込ませていただいている次第です。

主体的な人生を生きる。

現在大阪と長崎の受講生の募集をしている職人起業塾6か月コースを受講していただくと、もれなくアクティブブレインセミナーの講座を受講できますが、実は単独での受講を全国で開催されています。ご興味がある方はぜひともアクティブ・ブレイン協会のホームページをチェックしてみてください、外部環境に流されることなく、主体的に自分自身が作り上げる人生の作り方が見えてくるようになると思います。特に、資格試験や受験を控えた人が周りにおられる方は、だまされたと思って実行して見られることを超絶強くお勧めします。(笑)

_____以下は告知です!_____

【締め切り間近!大阪開催 残席4名になりました!】

一般社団法人職人起業塾ボトムアップ式実践型現場マネジメント厚生労働大臣認定研修 受講絶賛申し込み受付中!

厚生労働大臣認定 建築現場における卓越の戦略実践研修6ヶ月コース絶賛募集中!
【第13期】職人起業塾@大阪 2018年11月16日開講(募集開始しました)
お問い合わせ、ご質問はこちら→shokunin-kigyoujyuku.com/お申し込み/お問い合わせ/

https://www.facebook.com/shokuninkigyoujyuku/photos/a.1082316871821138.1073741829.1064332290286263/1899011160151701/?type=3&theater

研修へのお問い合わせ、お申し込みはこちらから。

_______________________________________

◆書籍「職人起業塾」(第2刷)絶賛発売中

品薄でご迷惑をおかけしていた(6ヶ月研修のテキスト本でもある)書籍「職人起業塾」も重版から日が経って漸く流通が復活する様になって来ました。最近はAmazonでも定価で買える様です。私の希望では出来ましたら、Amazonのカートに入れて、近所の書店で取り寄せて頂くのがいいかと思います。地域ビジネスの本だけに。(笑)
もちろん、私にお声がけ頂いても送料無料でお送り致します!

_______________________________________

◆職人的マーケティングへの入り口:一般社団法人職人起業塾オフィシャルサイト

建築現場におけるマーケティングに取り組んで見たいとお考えの方は一度のぞいて見てください。実践型現場マネジメント理論、公開しています。無料公開のサンプルPDFはこちら

建築業界を現場の改革から変える志のある方、私達と共に未来の作り方を学びませんか!
こちらから→https://www.shokunin-kigyoujyuku.com

_______________________________________

職人的マーケティング論、メールマガジン配信中

元祖職人起業塾での開催内容や最新のマーケティング関連の(個人的な)考察などを低頻度ながら配信しています。無料ですのでよかったら登録してみてください。https://1lejend.com/stepmail/kd.php?

_______________________________________

【建築士、店舗デザイナー、アシスタント募集!働く時間はあなたが決めてください!】

久しぶりに建築設計、店舗デザイン、リフォーム・リノベーションプランナー及びアシスタント大々的に募集しています。
建築を通して地域の方々に快適と安心を届けたい(のを手伝いたい!)という方、お気軽に応募してください!リクルートページはこちら→https://www.indeedjobs.com/有限会社すみれ建築工房/jobs

天命を知る歳のオッサンの神頼みと志。

平成30年9月5日 台風一過、晴れ

台風直撃二連発。

昨日関西を直撃した今年最大の勢力と言われた台風21号は予想を遥かに超える被害をもたらし、近畿圏広範囲であちらこちらに大きな爪痕を残して通り過ぎていきました。自然の大いなる脅威の前には人間の力などちっぽけなものだと改めて思い知らされると共に、相次ぐ自然災害の原因の一端が私たち人間が便利に暮らすために生み出し、自然界に放出してきたCO2をはじめとする人工物にあると考えれば、この様な災害は一過性のものではなく連続性のあるもので、近代の人類が産業革命以降行ってきた所業を根本的に見直さなければならないのでは、と考えさせられました。そんな台風一過の水曜日の今日も一応、朝活の日で、停電や交通インフラの復旧がされていないメンバーは来られませんでしたが、通常のビジネスミーティングは中止にするも、集まれるメンバーだけでも。と朝から集合、運営に関する会議を行いました。メンバーの中には被災された方もおられて、私としては建築のカテゴリー担当者としてメンバーさん向けに(正直、OBのお客様からの問い合わせへの対応で手一杯ですが、)応急処置が必要な方がおられたらできるだけのことをさせて頂きます。とメッセージを送りました。とにかく、この度の台風被害に遭われた皆様へ心からお見舞いを申し上げます。

祈るしかない。

朝会を終えて出社してからはいきなり近所のお客様宅への雨漏り調査に出動の指示をされて早速、大工の大ちゃんと一緒に現場にGO、通常は空から降ってくる雨が風に舞って横殴りであったり、下から吹き上げてくる状態になる台風の際の雨漏りは我々建築のプロからしても想定の範囲外であり、おいそれと簡単に原因を発見、特定することが難しく、あまり費用がかからない範囲で怪しい箇所から順番に処置を進めていきましょうとアドバイス、大ちゃんに後の段取りは任せて事務所に戻りました。事務所に戻ってからも終日台風被害を受けたお客様からの電話連絡が鳴り続け、応急処置や現場確認の指示、手配に1日追われることとなりました。とにかく、今回、そして前回の台風による被害の一通りの被災の処理が終わるまで次の大きな台風が来ないことを祈るばかりです。

目を覆いたくなる惨状。

淡路島から神戸のど真ん中を通っていた台風は大阪の方が被害がひどいらしく、電柱が軒並みなぎ倒された地域をあったようで、停電が最長三日間続くとの報道がありました。現代の社会で電気の供給が止まると言うのは都市機能が完全に麻痺してしまい生活もままなりません。残暑も厳しいいまの季節では生死に関わる問題だけに心配でなりません。神戸でも高潮の被害は甚大で友達がSNSのアップされたり送られてくる写真はまさに目を覆うばかりの惨状。人智を超えた自然災害の相次ぐ来襲に、我々人間の無力さを感じずにはいられませんが、我々が20年以上前に阪神淡路大震災で教訓として得た当たり前の日常はある日一瞬にして崩壊することを常日頃から意識していないとならないのだと改めて思い返した次第です。※画像は友達、知り合いのSNSから拝借しました。

畏怖と畏敬。

年齢を重ね、様々な経験を積み重ねていくと自分たちの力で何ともならないことがあまりにも世の中には多いことに気づかされます。私はこれといって特定の宗教に信仰を持っておりませんが、神頼みするしかない、特定の神様ではなくても自然の大いなる力の前に畏敬の念を持って謙虚に相対せねばならぬのだと思わずにはいられません。そんなこともあって毎月のお朔日には近所の神社にお参りしてひと月の感謝とこれから始まる新たな月への決意を表明する時間を持つようにしていますし、毎年の正月には山岳信仰で知られる奈良県の大神神社にお参りに行く習慣をこの数年毎年続けています。若い頃には神仏に対して全く興味がなかったし、未来は自分の力で切り開いていくものだと思い込んでおりましたが、年齢を重ねる度に徐々にそれが間違いだと思うようになりました。自分の無力さを知ることこそが歳を重ねるという事なのかも知れません。

同年代経営者の志

今朝の朝会の会議の後、メンバー同士でお互いのビジネスの理解を深めるために一対一で話し合い、詳しい自己紹介の場を持つOne to Oneセッションをして頂いた、兵庫県で第一号の司法書士法人を立ち上げた神津先生は学年が同じ歳の同年代で、司法書士業界でも様々な役職を担われている方です。セッションをしていて面白かったのは(同い年だけに)非常に似通った志向を持っているのを知れたことで、先ずは私と同じように奈良県の大神神社までわざわざ熱心に通われていること、MGなどの経営の勉強に今も熱心に通われていることなど、共感することが多々あり、極め付けは建設業界と共にこれからどんどん厳しさを増して行く司法書士業界で「若い士業の人が独立開業しなくても安心して物心両面に豊かな暮らしを出来る法人としてのスキームを確立したい。」と言われていた志です。神津先生のその言葉に非常に感銘を受けたと共に、私達の世代が担うべき責任を感じられて、懸命に努力されている経営者が業界問わず多くおられ、そして活躍されている事に大いに勇気付けられた次第です。BNIでご一緒させて頂くご縁と、志の高い仲間と共に働ける事に心から感謝するばかりです。神津先生、本日はありがとうございました。引き続きよろしくお願い致します!
地域ナンバーワン司法書士法人「 KOBE司法書士法人」のHPはこちら→http://www.kobe-shiho.or.jp

_____以下は告知です!_____

【締め切り間近!大阪開催 残席4名になりました!】

一般社団法人職人起業塾ボトムアップ式実践型現場マネジメント厚生労働大臣認定研修 受講絶賛申し込み受付中!

厚生労働大臣認定 建築現場における卓越の戦略実践研修6ヶ月コース絶賛募集中!
【第13期】職人起業塾@大阪 2018年11月16日開講(募集開始しました)
お問い合わせ、ご質問はこちら→shokunin-kigyoujyuku.com/お申し込み/お問い合わせ/

https://www.facebook.com/shokuninkigyoujyuku/photos/a.1082316871821138.1073741829.1064332290286263/1899011160151701/?type=3&theater

研修へのお問い合わせ、お申し込みはこちらから。

_______________________________________

◆書籍「職人起業塾」(第2刷)絶賛発売中

品薄でご迷惑をおかけしていた(6ヶ月研修のテキスト本でもある)書籍「職人起業塾」も重版から日が経って漸く流通が復活する様になって来ました。最近はAmazonでも定価で買える様です。私の希望では出来ましたら、Amazonのカートに入れて、近所の書店で取り寄せて頂くのがいいかと思います。地域ビジネスの本だけに。(笑)
もちろん、私にお声がけ頂いても送料無料でお送り致します!

_______________________________________

◆職人的マーケティングへの入り口:一般社団法人職人起業塾オフィシャルサイト

建築現場におけるマーケティングに取り組んで見たいとお考えの方は一度のぞいて見てください。実践型現場マネジメント理論、公開しています。無料公開のサンプルPDFはこちら

建築業界を現場の改革から変える志のある方、私達と共に未来の作り方を学びませんか!
こちらから→https://www.shokunin-kigyoujyuku.com

_______________________________________

職人的マーケティング論、メールマガジン配信中

元祖職人起業塾での開催内容や最新のマーケティング関連の(個人的な)考察などを低頻度ながら配信しています。無料ですのでよかったら登録してみてください。https://1lejend.com/stepmail/kd.php?

_______________________________________

【建築士、店舗デザイナー、アシスタント募集!働く時間はあなたが決めてください!】

久しぶりに建築設計、店舗デザイン、リフォーム・リノベーションプランナー及びアシスタント大々的に募集しています。
建築を通して地域の方々に快適と安心を届けたい(のを手伝いたい!)という方、お気軽に応募してください!リクルートページはこちら→https://www.indeedjobs.com/有限会社すみれ建築工房/jobs

「割り切りは魂の弱さである」亀井勝一郎の至言。

平成30年9月4日 台風直撃暴風雨

嵐の前の静けさ。

「今年は台風の当たり年」なんて気軽に言えないくらい、深刻な被害が続いている神戸では台風21号の直撃でハーバーランドモザイクが高潮で水没したとのニュースが飛び込んできました。これ以上、大事にならないように祈るばかりです。実は神戸では朝のうちはまだ雨風がなく、穏やかないい天気でした、いわゆる、嵐の前の静けさというのでしょうか、本来、火曜日の朝は倫理法人会の朝活なのですが、今回の台風の直撃を受けて早々に中止が決定、いつも通り目を覚まして朝の時間を持て余した私は週末に積み残していたランニングの習慣のツケを払うべく朝からいつもの太山寺までの10キロラン、気持ちの良い汗を流してから台風を迎えました。(笑)

台風21号直撃!

今回の台風の直撃で、1番感じたのは世間全般的に備えるのが早いというか、早々に判断を下す意思決定の迅速さです。代表的なのはJRの運休決定で、天気予報が大型の台風直撃が避けられないと報じた時点で、早々に運休の決定を下しリリースしました。近年、自然災害が起こるたびに帰宅難民が駅のホームに溢れると言う現象が繰り返されていただけに賢明な判断と言えるのでしょうし、人間の力では抗うことのできない大自然の猛威の前にひれ伏すしかないのはわかります。トラブルを回避したいのは重々承知、人命第一の観点からすると安全過ぎるくらい安全な判断を下すのは決して悪いことでは無いと思います。しかし、、それにしてもあまりにもさっぱりとした割り切りで運休、中止、休業の判断をするのはなんとなくしっくりこないと言うのが正直なところで、もう少し悩み考え迷っても良いのではないかと思ってしまいます。

「しょうがない」の連鎖。

電車が動いていなければ出勤もできないのも当たり前、工事の工期も延びて当たり前、こんな天気だから会社は休みにするのが当たり前、一切の業務を止めても当たり前。しょうがない事は確かにありますが、あまりにも安全側に立って早々に諦める風潮が世の中に蔓延してしまうのはなんだか少し怖い気がします。すみれは車通勤のスタッフが多いこともあり今日も平常営業で、お客様からの台風被害の連絡に対応しておりました。雨漏りがしていると連絡があっても暴風雨の最中、処置をしに行くわけではありませんが、それでも電話を受け付けるだけで少しはお客様も気持ちが落ち着かれるようです。ちなみに、屋内工事の現場も動いており、その中で明日必要な部材が届いてないと言う連絡が入りました。商社との連携がうまくいっていなかったようで、その対応に担当者に連絡をとってみると、今日は関係各所連絡も取れないので何もできませんとあっさりさっぱりとした返答が返ってきたとの事で、「どうしようもないですね、」とスタッフから報告が上がってきました。結局、納期遅れによるしわ寄せをお客様に負担してもらいますという意味です。

やれるならさっさとやれよ、という心の声。

現場の実務については担当者に任せているし、あまり細かな事に首を突っ込んだりしないようにしていますが、あまりの諦めの早さに違和感を感じて商社に連絡をとってみたところ、担当者は台風で自宅待機、何にもできません、との事。事の重大さを説明すると、別の部署の上長が事業所に詰めているとの事で、そちらに担当窓口を変えてもらい、やり取りしてみるとやっぱり今日は台風の影響で関係各所連絡が取れない、なんの答えも出せないとの事でした。それでも根気よく、これまでの発注書に納期を書いて送っていた等の経緯とお客様に迷惑をかけるわけにはいかない旨を説明すると、「わかりました、裏技を使ってなんとかしてみます」とほんの10分ほどで十分納得できる回答を持って連絡を下さいました。台風で大変な中、無理を言って申し訳ないという気持ちもありますが、在庫の確認と納期の返答くらい台風と関係ないやろ。という気持ちは正直否めず、台風直撃やからしょうがない。という風潮が蔓延している影響ではないかと訝しんでしまいました。
ま、終わりよければ全て良しなので、いつまでも根に持って悪い印象を持ち続けるようなことはありませんが、割り切りが早い人や会社って一緒に仕事をする上でよく注意をしておかなければならないと思った次第です。

ギリギリの美学

「割り切りは魂の弱さである」という至言は大正~昭和に活躍された辛口文芸評論家の亀井勝一郎さんの言葉です。私は5年ほど前にその至言に触れる機会があり、ずっと胸の奥にこびりついたまま今も離れません。人が最後の最後まで悩み、悩み、苦しんだ結果の判断は無条件で受け入れますが、考える猶予があるにも関わらず、めんどくさいから、という理由だけではないかも知れませんが早々にスパッと割り切って下された判断については、残りの選択肢についての可能性を質さずにはいられませんし、自分自身でも困難に向き合った時ほど、できるだけあらゆる可能性を検証して最終の選択を下したいと思っています。そのお陰で、「絶対に無理」と諦めかけた事がひっくり返った小さな成功体験も数多く持っており、それが染み付いていつもギリギリセーフを繰り返す、ギリギリの美学を持っているといって揶揄されることもありますが、出来る事がまだあるのを捨てて割り切ることだけはしたくないと思っていますし、お客様との信頼関係を構築してきたのは常にあらゆる可能性にチャレンジする姿勢を評価してくださってのことも少なくないと思います。とにかく、早々に割り切っちゃう今の世の中の風潮とは全く逆の発想かもしれませんが、人生はあくまでも魂を磨く修行の場、最後の最後まで粘る根性は持ち続けたいと思います!

_____以下は告知です!_____

【締め切り間近!大阪開催 残席4名になりました!】

一般社団法人職人起業塾ボトムアップ式実践型現場マネジメント厚生労働大臣認定研修 受講絶賛申し込み受付中!

厚生労働大臣認定 建築現場における卓越の戦略実践研修6ヶ月コース絶賛募集中!
【第13期】職人起業塾@大阪 2018年11月16日開講(募集開始しました)
お問い合わせ、ご質問はこちら→shokunin-kigyoujyuku.com/お申し込み/お問い合わせ/

https://www.facebook.com/shokuninkigyoujyuku/photos/a.1082316871821138.1073741829.1064332290286263/1899011160151701/?type=3&theater

研修へのお問い合わせ、お申し込みはこちらから。

_______________________________________

◆書籍「職人起業塾」(第2刷)絶賛発売中

品薄でご迷惑をおかけしていた(6ヶ月研修のテキスト本でもある)書籍「職人起業塾」も重版から日が経って漸く流通が復活する様になって来ました。最近はAmazonでも定価で買える様です。私の希望では出来ましたら、Amazonのカートに入れて、近所の書店で取り寄せて頂くのがいいかと思います。地域ビジネスの本だけに。(笑)
もちろん、私にお声がけ頂いても送料無料でお送り致します!

_______________________________________

◆職人的マーケティングへの入り口:一般社団法人職人起業塾オフィシャルサイト

建築現場におけるマーケティングに取り組んで見たいとお考えの方は一度のぞいて見てください。実践型現場マネジメント理論、公開しています。無料公開のサンプルPDFはこちら

建築業界を現場の改革から変える志のある方、私達と共に未来の作り方を学びませんか!
こちらから→https://www.shokunin-kigyoujyuku.com

_______________________________________

職人的マーケティング論、メールマガジン配信中

元祖職人起業塾での開催内容や最新のマーケティング関連の(個人的な)考察などを低頻度ながら配信しています。無料ですのでよかったら登録してみてください。https://1lejend.com/stepmail/kd.php?

_______________________________________

【建築士、店舗デザイナー、アシスタント募集!働く時間はあなたが決めてください!】

久しぶりに建築設計、店舗デザイン、リフォーム・リノベーションプランナー及びアシスタント大々的に募集しています。
建築を通して地域の方々に快適と安心を届けたい(のを手伝いたい!)という方、お気軽に応募してください!リクルートページはこちら→https://www.indeedjobs.com/有限会社すみれ建築工房/jobs

Xデザイン学校2018 #04 質的調査合宿 day1

平成30年9月1日 雨のち曇り

 天恵のお朔日。

昨夜未明から激しく降り出した雨は明け方前になって更に激しい雷雨となりました。なんでも秋雨前線が日本列島に停滞しているらしく、叩きつける様な雨音と雷鳴にいつになく目を覚ましてしまい、おかげで今朝も朝起きができました。まだ暗いうちから、台風がこなくてもいつ災害が起こるかわからない最近の気候変動に少し恐怖を覚えつつも窓から吹き込んでくる涼しい風を喜びながら朝の筋トレに精を出し、アイドル犬チャックとのお散歩にお朔日参りとサクサクとルーティンをこなして良い一日の、一月のスタートを切ることが出来ました。

豊かな暮らし」のフィールドワーク。

今日は京都にてXデザイン学校の研究生として観察、調査のフィールドワーク。テーマは「豊かな暮らし」で、私達のチームが研究している「建築×UX」を具現化するサービスデザインのヒントを探しに京都の街を歩き回り、なかなか見つけられないでいる今後ボリュームゾーンとして踊り出してくる新しい価値観を持った若い人達が持っている「住まい方」に対する潜在的なニーズ、もしくは問題をあぶり出す糸口を見つける作業を行いました。今回は四条からスタートして大宮のクマグスクというアートホテル、昼には三条商店街の本格派小籠包ランチと中川社長が展開されているオーガニックジェラートを楽しんで、全国の作家さんの器を集めて販売している食器屋さんへと、感度の高い女性が好む場所を巡って、そこでの行動観察を元に「家を持ちたいとは微塵も思わない」という女性の志向、潜在的なニーズを探ることになりました。

バイアスよさらば。

昨日のブログにも書きましたが、私が長年どっぷりと浸かってきたマーケティング思考から次のステップに進むには、USPなどと言う今持っているリソースからの発想を転換する事が必要で「モノからコト」への移行は元より、一旦、バイアスがかかりまくった思い込みを捨てて、次世代の住宅ユーザーを真っ直ぐにみて観察、調査を行う必要があると思っていて、その意味では今日のフィールドワークは実践のまたと無い絶好の機会でした。UXを学び初めて3年目にしてやっとバイアスを捨てる重要性と方法論が少しずつ理解出来てきた様に思います。とは言え、長年染み付いた思考の順番や枠組みがそんな簡単に変えられるわけも無く、今日も私が口を挟む度に間違った方向とまでは言いませんが、既存の考え方に戻るような意見になってしまったようで、優秀で若いデザイナーさん達にたしなめられる事もしばしば、、なかなか分かったからと言ってその通り出来るとは限りませんね。。

事例の概念化の訓練。

フィールドワークでの行動観察の結果を踏まえて、各シーンでの記録をグルーピングして共通の概念を抽出、またそれぞれの関係性を明らかにしていく事によって潜在的なニーズや解決されていない課題があぶり出され、提供すべきソリューションやサービスを考案する糸口を見つける。それを手繰り寄せて、新たなサービスデザイン、そしてビジネスモデルを生み出すというこのワークは非常に実践的で、UX(ユーザーエクスペリエンス)視点、その考え方を理解するにはとても有効だとは思います。が、実際に行ってみると本当に難しく、講師の浅野先生はバイアスを排除して「無」になって観察調査を行え、と言われますが、修行僧でもない私がいきなり頭を空っぽにして目の前で起こっている事象や状況に向き合い、不思議に思った事、理由がわからないと感じた事に対する問いを立てるなんておいそれとできるものではありません。今日も随分と頭を悩ます事となり、まるで迷路に迷い込んだが如く行き詰まり、思考の行ったり来たりを繰り返してしまいました。多分頭のてっぺんから煙が出ていたと思います。

消化不良のまま、day1終了。

フィールドワークを終えて研修会場に戻り、調査結果の分析を行ってみたところ、あれこれと迷走を繰り返し、結局、グルーピングを行うのが関の山で、実業において使えるようなアイデアを生み出すきっかけを掴むどころかカリキュラムの進行通りにさえ辿り着かない情けない結果となってしまいました。明日は今日グルーピングを行った行動観察から得たデータを下にして導き出した概念をパターンとして認識し、そのパタンを利用したサービスデザイン、ビジネスモデルを考案することになっています。このままではまずいと焦りもありますが、私たち研究生チームはワークショップの練習をしているのではなく、リアルにビジネスに使えるサービスデザインを模索しており、その意味ではいまいち納得できていないものをそのままスルーして次のステップに進むわけにはいきません。その辺はチームメンバーの皆さんも十二分にご理解してくれているようで優秀なメンバーに恵まれたことを感謝するばかりです。とにもかくにも今日のフィールドワークの結果は明日のまとめのワークショップ次第、私なりの感想や気づきは月曜日のブログでまとめてアップしたいと思います。チームメンバーのみなさん、引き続きよろしくお願いいたします。

_____以下は告知です!_____

【大阪開催 残席6名になりました!】

一般社団法人職人起業塾ボトムアップ式実践型現場マネジメント厚生労働大臣認定研修 受講絶賛申し込み受付中!

厚生労働大臣認定 建築現場における卓越の戦略実践研修6ヶ月コース絶賛募集中!
【第13期】職人起業塾@大阪 2018年11月16日開講(募集開始しました)
お問い合わせ、ご質問はこちら→shokunin-kigyoujyuku.com/お申し込み/お問い合わせ/

https://www.facebook.com/shokuninkigyoujyuku/photos/a.1082316871821138.1073741829.1064332290286263/1899011160151701/?type=3&theater

研修へのお問い合わせ、お申し込みはこちらから。

_______________________________________

◆書籍「職人起業塾」(第2刷)絶賛発売中

品薄でご迷惑をおかけしていた(6ヶ月研修のテキスト本でもある)書籍「職人起業塾」も重版から日が経って漸く流通が復活する様になって来ました。最近はAmazonでも定価で買える様です。私の希望では出来ましたら、Amazonのカートに入れて、近所の書店で取り寄せて頂くのがいいかと思います。地域ビジネスの本だけに。(笑)
もちろん、私にお声がけ頂いても送料無料でお送り致します!

_______________________________________

◆職人的マーケティングへの入り口:一般社団法人職人起業塾オフィシャルサイト

建築現場におけるマーケティングに取り組んで見たいとお考えの方は一度のぞいて見てください。実践型現場マネジメント理論、公開しています。無料公開のサンプルPDFはこちら

建築業界を現場の改革から変える志のある方、私達と共に未来の作り方を学びませんか!
こちらから→https://www.shokunin-kigyoujyuku.com

_______________________________________

職人的マーケティング論、メールマガジン配信中

元祖職人起業塾での開催内容や最新のマーケティング関連の(個人的な)考察などを低頻度ながら配信しています。無料ですのでよかったら登録してみてください。https://1lejend.com/stepmail/kd.php?

_______________________________________

【建築士、店舗デザイナー、アシスタント募集!働く時間はあなたが決めてください!】

久しぶりに建築設計、店舗デザイン、リフォーム・リノベーションプランナー及びアシスタント大々的に募集しています。
建築を通して地域の方々に快適と安心を届けたい(のを手伝いたい!)という方、お気軽に応募してください!リクルートページはこちら→https://www.indeedjobs.com/有限会社すみれ建築工房/jobs

LIFEWORKを再定義してみる。

平成30年8月27日 快晴

今週は丹波からスタート。

相変わらず夜明け前に朝靄に煙る丹波、春日の大路地区の古民家にて起床、朝っぱらから高速道路を飛ばして帰ってきました。今日は午前中にお義父さんの百カ日、卒哭忌の供養と墓苑に行っての納骨式があり、昼からも着工前の現場打合せやNPO活動の会議などスケジュールがパンパンに詰まっており、本来、昨夜は丹波泊ではなく、早々に帰宅しておくべきでしたが、満を持して開催した丹波発「古民家から再生プロジェクト」のキックオフ パーティーが大いに盛り上がることを想定して、(篠山のクラフトビールがどうしても飲みたかったし)古民家に宿泊することにしました。広間に子供達と一緒に座布団を並べての雑魚寝でしたが、夜半から朝露が落ちてきて肌寒いくらいの凛とした空気に触れて田舎暮らしの良さを改めて感じることができました。これからは丹波に頻繁に泊まることになりそうです。(笑)

古民家から再生プロジェクトキックオフパーティー

昨日の丹波でのキックオフイベントは地元の人たちはもちろんですが、遠くは京都、奈良、姫路など関西圏各地から大勢の人に集まっていただき、総勢70名を越す大所帯でのイベントとなりました。そもそもはこれから始まる「古民家から再生のプロジェクトに協力、協賛、共感してくれる仲間を増やしたいと言う趣旨で立ち上げたイベントですが、集客は Facebookで告知をした程度の広報しかしておらず、内容を把握して参加された方はそんなに多いわけではなく、「なんとなく、楽しそう」と、興味があるキーワードに つられてきたと言う方が多く見られました。そのワードは「古民家再生」「DIYリノベーション」「ジビエBBQ」「地ビール」「無農薬野菜」等々、人によって様々ではありますが、私たちが大好きで大切にしたいと思っている価値観に沿った共感を得られたのだと非常に嬉しく思いました。

古民家から再生

そんな(ただでさえ暑いのに)大勢の人たちの熱気で溢れ返った古民家の広間で、まず初めに今回のプロジェクトについての説明を自然食レストラン「三心五観」のオーナーでもある藤本さんが、これまた熱く語られました。「今回のプロジェクトは単なる古民家再生ではなく、もう少し多くの意味を持っています。わざわざ古民家「から」再生プロジェクトとネーミングをしているのは、それはただ単に建物をリノベーションして再生するだけではなく、そこに携わる「人たち」の再生や、地域との連携を深めることで日本の各地方で抱えている地方の衰退に歯止めをかける「地域再生」「地方再生」そして多くの人と価値観を共有することができて、多くの共感を得て再現性のあるビジネスモデルになったなら自立循環型の社会への移行、「日本再生」に繋がれば良いと思っています!」と、スケール感の大きな話を絶妙な自虐ネタなども挟んで笑いの絶えない、しかし熱い想いを語るプレゼンテーションと、これから再生する古民家をどの様に使いたい?どんな活用方法がある?と参加者とのディスカッションで意見交換したりと素晴らしいキックオフプレゼンだったと思います。多くの人に、想いが伝わったと思います。

概念の提案、提供

昨日のブログで私は今回のキックオフで「リフレーミング」について話します。と書きましたが、藤本さんの熱くも近感溢れるプレゼンと少し毛色を変えて、いつもの「概念の提案、提供」を行いました。できるだけ汎用性の高い概念を提供することで、参加者の皆さんがそれぞれその概念に対して考え、個別の事例に移行したときほど、行動を帰るきっかけになりやすく、それは大きな成果に直結すると思っているのですが、慣れてない人には私の話をどの様に「自分ごとにすれば良いかがさっぱり分からない。。」という方も多かったかもしれません。しかし、流石に丹波までイベントに参加しに来られているだけあって所謂「意識高い系」の方も多く、ある程度ご理解頂けたばかりではなく、懇親会の席で講演の依頼をいただく様なご縁も頂くことが出来ました。また、自分ごととしてプロジェクトを捉えてくださった方も多く見られて今回のイベントの余波が意外とあちらこちらに広がっていく可能性が垣間見えたりして、本当に何が奏功するか分からないものです。(笑)

reframing

世界に先駆けて人口減少という人類がこれまで体験したことの無い困難なステージに突入した日本は戦後の高度成長期を代表する人口増→内需拡大→経済成長という人口ボーナスに支えられて発展を遂げてきたのとは真逆の流れで、人口減→内需縮小→マイナス成長となるのは明白で、大手メーカー等の海外向けのビジネスを行われている企業はさておき、日本の企業の97%を占める中小企業の殆どはやはり、国内向け、もっと言うとこれから消滅していくと言われている地域向けにビジネスを行なっています。これまで良しとされていたことは全て裏目に出る可能性があり、あらゆることの定義を見直すことが必要だと思います。藤本さんは「再生」という言葉をプレゼンで繰り返し口にされましたが、再生にはその前に「再定義」即ちリフレーミングを行い、意味や意義、進むべく方向性を明らかにする必要があると思います。

LIFEWORKを再定義してみる。

私のプレゼンでは、そんなリフレーミングのキッカケを、成長路線、大都市志向とは真逆のこの丹波での古民家再生プロジェクトでそれぞれの立場や役割、強みを活かして考えてもらえないか?という提案でした。一つの切り口として「LIFEWORK」という言葉を紐解き、価値観の転換にならないか?ということを話しました。LIFEの新英和中辞典での意味は「生命, 一生, 生活, 暮らし方, 活気」という訳がなされており、WORKを新英和中辞典で引くと「勉強,研究,任務, よい行ない,業」と書かれています。一般的には「生涯にわたって続ける仕事、一生かけて行う取り組み、人生を捧げる事業」という風に定義されているLIFEWORKを独自に再定義すれば、「活気ある暮らし方を勉強、研究しながら業とする。」と考えることが出来る訳で、今までと違う、体験、暮らし、楽しみ、仲間、学び、意義、仕事、人生を探すきっかけを丹波で一緒に作りませんか?という呼びかけを行いました。その後のBBQパーティーでは早速、「それぞれの立場で、それぞれの強みを生かして、くらしかた、働きかた、楽しみかたのreframingの糸口を一緒に探しませんか?」という締めの言葉に共感して下さった方から、こんな関わり方ができます!といった嬉しい言葉も多く頂くことが出来ましたし、私自身のreframingがこれからどんどんと進んでいきそうな予感がします。
まだまだこれから仲間を増やしていく段階、これから盛り沢山のイベントをリリースしていきますので少しでも興味がある方は是非とも丹波に足を運んでください。お待ちしています☆

_____以下は告知です!_____

一般社団法人職人起業塾ボトムアップ式実践型現場マネジメント厚生労働大臣認定研修 受講絶賛申し込み受付中!

厚生労働大臣認定 建築現場における卓越の戦略実践研修6ヶ月コース絶賛募集中!
【第13期】職人起業塾@大阪 2018年11月16日開講(募集開始しました)
お問い合わせ、ご質問はこちら→shokunin-kigyoujyuku.com/お申し込み/お問い合わせ/

https://www.facebook.com/shokuninkigyoujyuku/photos/a.1082316871821138.1073741829.1064332290286263/1899011160151701/?type=3&theater

研修へのお問い合わせ、お申し込みはこちらから。

_______________________________________

◆職人的マーケティングへの入り口:一般社団法人職人起業塾オフィシャルサイト

建築現場におけるマーケティングに取り組んで見たいとお考えの方は一度のぞいて見てください。実践型現場マネジメント理論、公開しています。無料公開のサンプルPDFはこちら

建築業界を現場の改革から変える志のある方、私達と共に未来の作り方を学びませんか!
こちらから→https://www.shokunin-kigyoujyuku.com

_______________________________________

職人的マーケティング論、メールマガジン配信中

元祖職人起業塾での開催内容や最新のマーケティング関連の(個人的な)考察などを低頻度ながら配信しています。無料ですのでよかったら登録してみてください。https://1lejend.com/stepmail/kd.php?

_______________________________________

【建築士、店舗デザイナー、アシスタント募集!働く時間はあなたが決めてください!】

久しぶりに建築設計、店舗デザイン、リフォーム・リノベーションプランナー及びアシスタント大々的に募集しています。
建築を通して地域の方々に快適と安心を届けたい(のを手伝いたい!)という方、お気軽に応募してください!リクルートページはこちら→https://www.indeedjobs.com/有限会社すみれ建築工房/jobs