未分類」カテゴリーアーカイブ

これまでの24年、これからの10年。@すみれプロジェクト

平成31年1月17日晴れ

1.17

神戸では夜明け前から追悼イベントが行われ、神戸市役所横の東遊園地では多くの人がロウソクに日を灯して祈りを捧げておられました。朝のTVの情報番組ではまるで戦時中のようなあちこちで火の手が上がり、町中が焼野原になっていく凄惨な映像が繰り返し映し出されておりました。阪神淡路大震災から24年、私の人生を大きく変えることになったあの日からずいぶんと年月が流れたのを感じながら、ゆっくりと、しかし確実に薄まってゆく記憶の中にあっても震災とその後の厳しかった毎日は今も脳裏に焼き付いており、昨日のことのように、と言うのは大げさですが、それでも1月17日を迎えるたびに鮮明に思い出します。6000人を超える尊い命を失われた方々に改めて深く哀悼の意を捧げます。

震災復興時の消費増税の破壊力

震災復興が1段落した1997年に消費税が3%から5%に増税され、神戸では全く建築の仕事がなくなりました。私が勤めていた工務店はあっという間に倒産し、私は押し出されるように起業することになるも、当時弟子だった山ちゃんと2人で京都、奈良、大阪の建築現場を応援の大工として転々としていた頃は本当に生活する稼ぎを得るのに必死した。日曜だろうが祭日だろうが、仕事があればなんでも食らいつき、ろくに休みも取らずにずっと現場に出ていたのを思い出します。そんな生活を2年間ほど続けて、漸く神戸に戻ってきた後もいつ仕事が切れるのかと怯え、休みなく働き続けました。やっと仕事が回りだした頃、長年一緒に連れ添ってきた弟子の山ちゃんが、「このままでは家庭がダメになる、お金の問題じゃないんです。辞めさせて下さい。」と、去っていったことは、すみれが創業時から掲げる「職人の社会的地位向上を図る」というミッションを作った元となる原体験で、震災のことを思い出すたびにその時の記憶が蘇り、今でも申し訳ない事をしたとの自責の念と共になんだか切ない気持ちになってしまいます。

未来を切り開くプロジェクト会議。

そんな震災の日を今回は夜の三ノ宮で迎えました。昨日の昼からはいつもお世話になっている協力業社の皆様にお集まり頂き、大きな変化を遂げるこれからの激動の時代に私達はどの様にして生き残るか、我々が今年、行うべき事は何か?という大命題を共有し、「未来を切り開く取り組みを皆さんと手を取りあって愚直に、確実に積み重ねて三方良しのビジネスモデルを目指して参りましょう!」と目的(方向性)と手段を伝える「すみれプロジェクト会議」を開催しました。その流れで会議の後は新年会、二次会、三次会とすみれ社員と協力業者が入り混じって昔話に花を咲かせ、これから向き合う未来を語り、和気藹々と日付けが変わるまで酒を酌み交わしており、気づけば震災の日を迎えていたというわけです。

奇跡の20年。

すみれの創業は2000年で、おかげさまでこの1月に第19期目を迎える事が出来ました。個人事業の高橋組として起業してからは丸20年、来年は法人成りした有限会社すみれ建築工房として創業20周年を迎える事になり、創業時の全く先が見えない、出口があるのかさえ分からないトンネルを突っ走り始めた頃から考えると現在の一切の宣伝広告をせずに毎日次々と工事のご依頼をいただける状況は奇跡と言っても過言でない恵まれた環境だと思っています。昨日のプロジェクト会議の席でも話しましたが、もちろんこの奇跡は私だけの力で起こせたものではなく、頼りない経営者に付いてきてくれたスタッフ、そして様々な無理難題に立ち向かい、乗り越えるのに力を貸して下さった協力業者の皆様のおかげに他ならず、本当に人に恵まれた19年だったとただひたすら感謝しかありません。何とかこのご恩に報いたい、出来れば10倍返しでお返ししたいと心から思います。

10年後を作るのは今。

昨日のすみれプロジェクト会議では、これまで私達が取り組んできたマーケティング理論に基づいたアクションを振り返り、そして改めて今年以降取り組むべき8つのタスクについて話させて頂きました。今回初めてご参加頂いた方も数名おられましたし、創業時からお付き合い頂いている職人さんや企業にも私達が建築業界では珍しい、マーケティング思考を持ち、それを建築現場で実践してきた現場主義を貫く変わった会社だと改めて認識してもらう機会が持てたのは非常に良かったと思います。宣伝広告を一切行わずに今、ひっきりなしに仕事のご依頼を頂けるのは10年前に工事のご依頼を頂いたお客様に満足して貰える工事を行ったからであり、その信頼関係維持に力を注いで来たからで、10年後を生き残るには、今、目の前のお客様に喜んで頂く現場を積み重ねるしかない。という当たり前過ぎる私の話を「建築会社でそんな考え方を持っているのを初めて聞きました、」と感想を述べられたメーカー担当者がおられたりもして、繰り返し口にする事の大事さを再認識。今後も毎回、同じ事を熱く語る時間を割く様にしたいと思います。協力業者の皆様、今後とも宜しくお願い致します!ありがとうございました。

____________________

以下は直近のセミナー、公開講座のご案内です。

◆鹿児島 実践型現場マネジメントで未来を創る」 鹿児島 職人起業塾オープンセミナー&入塾、助成金活用説明会

https://www.facebook.com/events/2203456009879206/
日時:2019年1月18日金曜日 14:00~17:00
場所:かごしま空港ホテル 〒899-6404 鹿児島県 霧島市溝辺町麓616-1

オープンセミナー鹿児島20190118

___________________________________________

◆仙台 建築業における真実の瞬間」職人起業塾オープンセミナー&入塾、助成金活用説明会

https://www.facebook.com/events/1136100266567134/
日時:2019年1月30日 水曜日 14:00~17:00
場所:PARM-CITY131貸会議室 Room 4H 仙台市青葉区一番町3丁目1-16

オープンセミナー仙台1.30

___________________________________________

◆長崎 職人起業塾公開講座 第13期@長崎開催  オブザーバー参加募集

https://www.facebook.com/events/1537966419636499/ 経営者、経営幹部の方に限り無料でご招待いたします。 ■1月10日 10:00~18:00 業務改革基礎研修2 スモールビジネスの鉄則 3.第2領域に取り組む 4.自分の強みを明らかにする 業務改革基礎研修3 信用と信頼で将来をつくる 5.ご縁を紡ぐ 6.大福帳こそ未来の鍵 ■2月7日 10:00~18:00 業務改革基礎研修4 リスクマネジメントと日本式マーケティング理論 7.弱みこそ胸を張って伝える 8.三方よしとWIN-WIN アクションプラン策定研修 ■2月28日 10:00~18:00 業務改革基礎研修5 目的と手段の明確化 9.なんのためにを考える 業務改革実務研修1 ■3月14日 10:00~18:00 業務改革検証研修1 ■4月25日10:00~18:00 業務改革検証研修2 ■5月23日10:00~18:00 業務改革検証研修3(卒業検定) 場所:長崎住宅センター株式会社〒854-0081 長崎県 諫早市栄田町20番31号

13期オブザーバー参加申込書チラシ

___________________________________________

◆大阪 職人起業塾公開講座 第12期 神戸・大阪開催 オブザーバー参加募集

https://www.facebook.com/events/282975708886246/ ■2019年2月1日 9:30~18:00 NLCセントラルビル 3階大会議室 業務改革基礎研修4 – リスクマネジメントと日本式マーケティング理論 – 7.弱みこそ胸を張って伝える 8.三方よしとWIN-WIN アクションプラン策定研修 ■2019年2月22日 9:30~18:00 NLCセントラルビル 3階大会議室 建設現場における生涯顧客獲得、クレーム撲滅スキルアップ 検証研修1 ■2019年3月22日 9:30~18:00 建設現場における生涯顧客獲得、クレーム撲滅スキルアップ研修5 – 目的と手段の明確化 9.なんのためにを考える ■2019年4月19日 9:30~18:00 建設現場における生涯顧客獲得、クレーム撲滅スキルアップ 検証研修2 ■2019年5月10日 9:30~18:00 建設現場における生涯顧客獲得、クレーム撲滅スキルアップ研修 検証研修3

 

お申し込み、お問い合わせはこちら https://www.shokunin-kigyoujyuku.com/application/
オフィシャルページイベントまとめ=https://www.shokunin-kigyoujyuku.com/news/
____________________________________________ ◆職人的マーケティングへの入り口:一般社団法人職人起業塾オフィシャルサイト 建築現場におけるマーケティングに取り組んで見たいとお考えの方は一度のぞいて見てください。 実践型現場マネジメント理論、公開しています。無料公開のサンプルPDFはこちら 建築業界を現場の改革から変える志のある方、私達と共に未来の作り方を学びませんか!
こちらから→https://www.shokunin-kigyoujyuku.com
_______________________________________

 

NGK48が示す企業の人格が問われる時代の到来。

平成31年1月16日晴れ

ポジティブ朝活

火曜日に引き続き水曜日も朝活の日、今日も朝4時台に起きだしていつもの筋トレをして体を温めてから張り切ってBNIビジネスミーティング会場へと向かいました。朝からポジティブシンキングのメンバーさん達とあれこれと話すのは非常に楽しい上にエネルギーをもらえてそれだけでも充分参加する価値があると思っています。その上に、信頼関係のある知り合いをご紹介いただき、リアルにビジネスにつながるのは嬉しい限りで、今年も年始早々からメンバーの辻さんのお知り合いから、外装リフォームのご契約をいただくなど、感謝感謝です。

テクノロジーが暮らしを変える。

また、それぞれの分野のプロフェッショナルのメンバーさん達のプレゼンテーションを聞いて、勉強になることも少なからずあり、今日はすみれの顧客管理ソフトのシステムをお願いしている喜多社長に、電子契約が普及し始めたと言う話を聞いて思わず食いついてしまいました。建築請負契約に使う収入印紙は年間にすると結構な金額を使っており、また紙ベースの契約書を長期間保存するのに場所を取るのもちょっとした悩みの種でした。スマートフォンの普及で一般の方のインターネット環境もリテラシーも随分と向上したこともあり、そろそろ我々もクラウドを活用した電子契約に移行する時期が到来したのかも、と思いました。テクノロジーの変化は日々私たちの生活を変えていく、情報収集を怠ってはいけないと、これまでなじみが薄かったIT企業との親密なお付き合いが重要だと改めて感じました。

スピード、ファースト

時代はものすごいスピードで変化を続けており、革命と言われる位、私達を取り巻く環境は劇的な変容を遂げています。これまでの常識は全く通用しない、今までの延長線上にない未来を見据えなければならないと感じる事は毎日のように頻繁にありますが、今朝のテレビの情報番組で流れていたニュースには正直衝撃を受けました。それは、ここ数日、NGT48のメンバーが暴行にあった事件が話題になっており、運営側の対応の遅れ、そして被害に遭ったメンバーがSNS上に配信した不信感が取り沙汰されておりますが、第三者機関の調査を待たずにいち早くテレビコマーシャルのスポンサー契約を解除した新潟のかまぼこメーカーが、その対応の早さが評価され株価を随分と上げた。というニュースです。

https://m.huffingtonpost.jp/amp/2019/01/14/ichimasa-kamaboko-cm-ngt48_a_23642581/

https://matomame.jp/user/yonepo665/8ca73e9bb8d3b57d8a4a

オタクのコモディティー化?

私は芸能界には正直あまり興味ないし、若い女の子のグループ内のいざこざも私にとってはどうでも良い話ではあります。しかし、新潟の1企業の経営陣が、その芸能スキャンダルに反応して、内容も真相もはっきりと明らかにされていないにも関わらず、いち早くコマーシャルを止めたその脊髄反射的な対応にも驚きますが、NGT48の運営会社への批判の受け皿になったにしても、それがインターネット上で高く評価され、株式市場で価格を大きく押し上げるなど全く予想だにできないことで、オタク文化、オタク的価値観が完全に一般化されたと共に、その価値観の人たちに受け入れられる判断や行動を取れる企業には資金が集まる世の中になったと言うのは驚きを通り越して恐怖さえ感じます。

在り方が業績に直結する本物の時代

2年前の年末に新建ハウジングが主催する恒例の未来予想セミナーに登壇させていただいた際、私は人としてのあり方を正すところから、原理原則に則ったマーケティングにこれからの建築業界は取り組むべきだ。と言う提言を行いました。その私の講演の後に三浦社長が登壇され、「企業の人格が問われる時代の到来」を強く示唆されました。商品やサービスの良し悪しだけではなく、企業としての考え方や体質、判断基準が正しいと評価される企業が生き残り、逆にその部分に問題がある会社は淘汰されていくとのまとめでした。それは、私がセミナー等でよく紹介する異物混入事件の対応で明暗を分けたハンバーガーチェーンとカップ焼きそばメーカーの事例が至るところで起こると言う示唆です。今回のNGT48事件の報道を見て、改めてその傾向が凄いスピードで加速しているのだと認識し、我々は今一度、襟を正して人の道を守る経営、あり方を見つめ直す判断をスタッフ全員で行っていかなければならないと感じた次第です。今日は協力業者さんにお集まりいただいてのプロジェクト会議、我々のあり方を熱く強く伝えたいと思います。

____________________

以下は直近のセミナー、公開講座のご案内です。

◆鹿児島 実践型現場マネジメントで未来を創る」 鹿児島 職人起業塾オープンセミナー&入塾、助成金活用説明会

https://www.facebook.com/events/2203456009879206/
日時:2019年1月18日金曜日 14:00~17:00
場所:かごしま空港ホテル 〒899-6404 鹿児島県 霧島市溝辺町麓616-1

オープンセミナー鹿児島20190118

___________________________________________

◆仙台 建築業における真実の瞬間」職人起業塾オープンセミナー&入塾、助成金活用説明会

https://www.facebook.com/events/1136100266567134/
日時:2019年1月30日 水曜日 14:00~17:00
場所:PARM-CITY131貸会議室 Room 4H 仙台市青葉区一番町3丁目1-16

オープンセミナー仙台1.30

___________________________________________

◆長崎 職人起業塾公開講座 第13期@長崎開催  オブザーバー参加募集

https://www.facebook.com/events/1537966419636499/ 経営者、経営幹部の方に限り無料でご招待いたします。 ■1月10日 10:00~18:00 業務改革基礎研修2 スモールビジネスの鉄則 3.第2領域に取り組む 4.自分の強みを明らかにする 業務改革基礎研修3 信用と信頼で将来をつくる 5.ご縁を紡ぐ 6.大福帳こそ未来の鍵 ■2月7日 10:00~18:00 業務改革基礎研修4 リスクマネジメントと日本式マーケティング理論 7.弱みこそ胸を張って伝える 8.三方よしとWIN-WIN アクションプラン策定研修 ■2月28日 10:00~18:00 業務改革基礎研修5 目的と手段の明確化 9.なんのためにを考える 業務改革実務研修1 ■3月14日 10:00~18:00 業務改革検証研修1 ■4月25日10:00~18:00 業務改革検証研修2 ■5月23日10:00~18:00 業務改革検証研修3(卒業検定) 場所:長崎住宅センター株式会社〒854-0081 長崎県 諫早市栄田町20番31号

13期オブザーバー参加申込書チラシ

___________________________________________

◆大阪 職人起業塾公開講座 第12期 神戸・大阪開催 オブザーバー参加募集

https://www.facebook.com/events/282975708886246/ ■2019年2月1日 9:30~18:00 NLCセントラルビル 3階大会議室 業務改革基礎研修4 – リスクマネジメントと日本式マーケティング理論 – 7.弱みこそ胸を張って伝える 8.三方よしとWIN-WIN アクションプラン策定研修 ■2019年2月22日 9:30~18:00 NLCセントラルビル 3階大会議室 建設現場における生涯顧客獲得、クレーム撲滅スキルアップ 検証研修1 ■2019年3月22日 9:30~18:00 建設現場における生涯顧客獲得、クレーム撲滅スキルアップ研修5 – 目的と手段の明確化 9.なんのためにを考える ■2019年4月19日 9:30~18:00 建設現場における生涯顧客獲得、クレーム撲滅スキルアップ 検証研修2 ■2019年5月10日 9:30~18:00 建設現場における生涯顧客獲得、クレーム撲滅スキルアップ研修 検証研修3

 

お申し込み、お問い合わせはこちら https://www.shokunin-kigyoujyuku.com/application/
オフィシャルページイベントまとめ=https://www.shokunin-kigyoujyuku.com/news/
____________________________________________ ◆職人的マーケティングへの入り口:一般社団法人職人起業塾オフィシャルサイト 建築現場におけるマーケティングに取り組んで見たいとお考えの方は一度のぞいて見てください。 実践型現場マネジメント理論、公開しています。無料公開のサンプルPDFはこちら 建築業界を現場の改革から変える志のある方、私達と共に未来の作り方を学びませんか!
こちらから→https://www.shokunin-kigyoujyuku.com
_______________________________________

 

新年早々、拍手を上手に打てず、残念な思いをした人へ。

平成31年1月15日 曇り

火曜日は朝活の日。

今年2回目となる神戸市倫理法人会にモーニングセミナー前の朝礼から参加して、外がまだ真っ暗な家から大きな声でテンポよく「はい」の練習を行って、テンションを上げて1日のスタートを切りました。会員スピーチでは事務局長が書道に通われて、練習しないと上達しない原則を忠実に守り、毎日5分でも10分でも筆を持つ習慣を身に付けることでいつの間にか成果が身に付いていたと言う素晴らしい実践のお話、講話は半年位前にYouTubeの動画を見て参加されるようになったと言われる神戸市倫理法人会のメンバーである堂園社長の波瀾万丈な人生とそこから導かれた、人生哲学を倫理法人会で学び続けている原理原則と重ねてお話を聞かせてくださり、叩き上げの創業者の強さをまざまざと見せつけられました。朝から良いお話をありがとうございました。

沈思黙考の時間。

昨日の3連休の最終日は、午前中週に1度の習慣であるランニングに出かけました、これも今年2回目です。私は走っている間は音楽など何も聞かず沈思黙考の時間にしており、ただひたすら走ることで、自然と頭の中に浮かんできた物事をじっくり咀嚼して考える時間にしておりまして、新たな取り組みへのアイディアや、ぼんやりした問題に対する解決策を見出す非常に貴重な時間になっています。そんな中、通りがかった神社仏閣には全てお参りするようにしていて、先週の年始一発目は、伊川谷八幡神社、大歳神社、太山寺、石山神社、サルタヒコの地蔵にお参り、昨日は垂水恵比寿神社、舞妓六神社と感謝と決意表明をしまくっています。(笑)

お参りに行って残念なこと。

また、毎月の御朔日には決まって近所の総社にお参りを欠かさぬようにしており、そう考えると私は1月に10回ではきかない位、かなり頻繁に二礼二拍手一礼の所作をしていることとなります。日本人なら誰しもだと思いますが、神様の前に立ち、頭を下げてから拍手を打つ際、パンパンとテンポよく良い音が出るととても良い気分になり、逆にペチャとか、スカとか、上手に拍手が打てなければ残念な気分になります。特に、1年の初めに行う初詣の際や、気合を入れてお参りする伊勢神宮や大神神社などの由緒正しい大社に参った際は特にそれが顕著ではないでしょうか。あまり話題にも上ることはありませんが、初詣に行ってパンパンと良い音が出ないと、何となく気まずく、寂しい気持ちになる方は多いと思います。

些細な、しかし、大事なこと。

昨日もそうでしたが、ランニングの際に通りがかった神社で繰り返し拍手を打つたびに、1回目より2回目、2回目よりも3回目と回数を重ねればは重ねるほど上手にお参りができているように感じます。とは言え、拍手が上手に打てなかったからといってさほど大きな問題ではなく、少し残念な気持ちが芽生えるとしても、そんなものはすぐに忘れ去りますし、わざわざ口にすることも、やり直すこともないと思います。しかし、新たな年を迎えての最初の儀式である初詣くらいは、気持ちよくお参りしたいと思うのも人の常、できることならいい音の拍手を神社の境内に響かせたいものです。

簡単すぎる解決策。

ではどうすればいいか、と言う答えは明白です。少し練習をしてからお参りすればかなりの確率で良い音の拍手を打つことができるはずで、めったにしないことをぶっつけ本番で行ってうまくいくわけがないのです。そして、うまくいくには練習が欠かせないという当たり前すぎる原則はあらゆることに当てはまります。神社で打つ拍手の音が良い音かどうかはささいな問題ですが、資格試験に合格するのも、人前で上手に喋るのも、プレゼンテーションを多くの人に共感してもらえるのも、大工の現場作業も、人とのコミニケーションも、ありとあらゆることに当てはまる真理だと思うのです。

学びこそが人生の練習。

倫理法人会の朝礼で「はい」の練習をすれば、その日何かの頼まれ事をした際は気持ち良い返事ができるようになるし、私が講師業としての師と仰ぐ小田全宏先生は2時間の講演をするのにその何倍もの予行練習を行うと言われます。現場作業に向かう前はイメージトレーニングと言う名の練習で、現場に着いてからの行動を詳細に想い浮かべますし、茶の湯のお稽古に向かう時は頭の中でお点前を何度も繰り返します。とにかく、練習をしなければうまくいかないのは自明の理であり、物事をうまく運びたければ練習するのが最善の道。これは人生でも同じことで、人間誰しもぶっつけ本番で1回きりの人生を生きていると考えれば、練習と言う学びの場をいくつ持ち、学びを継続することによって人生そのものの質が大きく変わると思うのです。人生の目的を達せられると自信がつくまで学び続けたいと思います。

職人進化論的原理原則(まとめ)

  • 物事がうまくいかないのは大体練習不足。
  • すごい人は皆、人知れず練習を積み重ねている。
  • 沈思黙考の時間を持つことで、ささいな気がかりの解決策を見つけることができる。
  • 人は皆1回きりの人生をぶっつけ本番で生きている、うまくいかなくて当たり前。
  • 学び続ける場を持つことが、人生を着物にする練習となる。
  • 些細なことににこそ、人生の真理は隠されている。

____________________

以下は直近のセミナー、公開講座のご案内です。

◆鹿児島 実践型現場マネジメントで未来を創る」 鹿児島 職人起業塾オープンセミナー&入塾、助成金活用説明会

https://www.facebook.com/events/2203456009879206/
日時:2019年1月18日金曜日 14:00~17:00
場所:かごしま空港ホテル 〒899-6404 鹿児島県 霧島市溝辺町麓616-1

オープンセミナー鹿児島20190118

___________________________________________

◆仙台 建築業における真実の瞬間」職人起業塾オープンセミナー&入塾、助成金活用説明会

https://www.facebook.com/events/1136100266567134/
日時:2019年1月30日 水曜日 14:00~17:00
場所:PARM-CITY131貸会議室 Room 4H 仙台市青葉区一番町3丁目1-16

オープンセミナー仙台1.30

___________________________________________

◆長崎 職人起業塾公開講座 第13期@長崎開催  オブザーバー参加募集

https://www.facebook.com/events/1537966419636499/ 経営者、経営幹部の方に限り無料でご招待いたします。 ■1月10日 10:00~18:00 業務改革基礎研修2 スモールビジネスの鉄則 3.第2領域に取り組む 4.自分の強みを明らかにする 業務改革基礎研修3 信用と信頼で将来をつくる 5.ご縁を紡ぐ 6.大福帳こそ未来の鍵 ■2月7日 10:00~18:00 業務改革基礎研修4 リスクマネジメントと日本式マーケティング理論 7.弱みこそ胸を張って伝える 8.三方よしとWIN-WIN アクションプラン策定研修 ■2月28日 10:00~18:00 業務改革基礎研修5 目的と手段の明確化 9.なんのためにを考える 業務改革実務研修1 ■3月14日 10:00~18:00 業務改革検証研修1 ■4月25日10:00~18:00 業務改革検証研修2 ■5月23日10:00~18:00 業務改革検証研修3(卒業検定) 場所:長崎住宅センター株式会社〒854-0081 長崎県 諫早市栄田町20番31号

13期オブザーバー参加申込書チラシ

___________________________________________

◆大阪 職人起業塾公開講座 第12期 神戸・大阪開催 オブザーバー参加募集

https://www.facebook.com/events/282975708886246/ ■2019年2月1日 9:30~18:00 NLCセントラルビル 3階大会議室 業務改革基礎研修4 – リスクマネジメントと日本式マーケティング理論 – 7.弱みこそ胸を張って伝える 8.三方よしとWIN-WIN アクションプラン策定研修 ■2019年2月22日 9:30~18:00 NLCセントラルビル 3階大会議室 建設現場における生涯顧客獲得、クレーム撲滅スキルアップ 検証研修1 ■2019年3月22日 9:30~18:00 建設現場における生涯顧客獲得、クレーム撲滅スキルアップ研修5 – 目的と手段の明確化 9.なんのためにを考える ■2019年4月19日 9:30~18:00 建設現場における生涯顧客獲得、クレーム撲滅スキルアップ 検証研修2 ■2019年5月10日 9:30~18:00 建設現場における生涯顧客獲得、クレーム撲滅スキルアップ研修 検証研修3

 

お申し込み、お問い合わせはこちら https://www.shokunin-kigyoujyuku.com/application/
オフィシャルページイベントまとめ=https://www.shokunin-kigyoujyuku.com/news/
____________________________________________ ◆職人的マーケティングへの入り口:一般社団法人職人起業塾オフィシャルサイト 建築現場におけるマーケティングに取り組んで見たいとお考えの方は一度のぞいて見てください。 実践型現場マネジメント理論、公開しています。無料公開のサンプルPDFはこちら 建築業界を現場の改革から変える志のある方、私達と共に未来の作り方を学びませんか!
こちらから→https://www.shokunin-kigyoujyuku.com
_______________________________________

 

継続を力に変える乗数計算と、力にならない除数計算。

平成31年1月10日 晴のち雨

今年初の出張は長崎。

今朝も朝起き、夜明け前に自宅を飛び出して始発の電車から伊丹空港行きのリムジンバスに飛び乗って朝一番のフライトで長崎へ。第13期職人起業塾の研修講師として今年の出張のスタートを切りました。今日を皮切りに来週は博多と鹿児島、再来週は名古屋、その次は仙台と毎週出張の日常が今年も始まりました。昨年に引き続き今年も良いご縁が広がる、広げる事が出来るように気張って現場マネジメント改革からの建築業界革新を進めるべく全国行脚したいと思います。皆様よろしくお願い致します。

初稽古。

話は変わって、昨日は今年初めての書道のお稽古でした。本来なら年始に書いた書き初めを先生に見て頂き、ご指導頂いて書き直すべしなのですが、今年の正月はロクに休みもなく、現場に詰めて作業に勤しんでいたこともあり、書き初めのタイミングを逃してしまいました。なので、お稽古始めに今年のテーマを書こうと思っておりましたが、いざ初稽古の日を迎えると年末から準備しながらまだ発送出来ていない寒中見舞いの宛名書きが残っており、先ずはそっちから進めないと、と今回もお稽古と言いながらも単に文字を書く実務になってしまいました。。

義父の死。

実は昨年、施設に入っていた義父さんに癌が見つかり、老齢になってからの癌などそんな進行もしないと思っていたらあれよあれよと言う間に容体が悪化、あっけなく逝ってしまいました。数年前に脳梗塞で倒れてから認知症も患い、ずっと寝たきりで病院、介護付き施設と渡ってきたのである程度は覚悟もしておりましたが、最期はあまりにも呆気なく息を引き取り、人の命の儚さを感じずにはおられませんでした。元気に動ける時に出来るだけ、出来る事を精一杯やっておかんといかん、と改めて時間は無限にあるわけでも無ければ、人は必ず死ぬし、それが何時なのかは誰にも分からないと言う真理に直面させられました。

喪中につき、、

そんなこんなで、この正月は喪中につき賀状の送付を控えさせて頂きました。本来、昨年中に寒中見舞いを出して喪中である旨をお知らせしなければならなかったのが遅くなってしまい申し訳ありません。と、年明け早々に寒中見舞いを送らなければならないのを、まだ引きずっている訳で、寒中見舞いはお水取りまでに届けば良いらしいのですが、改まって字を書くのは意外に時間を要するもので、えいっと気合を入れないと一向に進みません。そのキッカケを掴める書道のお稽古の時間が有るのは(本来と趣旨が変わっておりますが)本当に有り難い限りです。

永遠に成長しないお稽古。

寒中見舞いの宛名書きや文面を書きながら先生に事細かにご指導頂きながら、相変わらずの上達の悪さに自分でも嫌になりかけましたが、それでも繰り返し反復して書き続けていると、段々と手が慣れてくるもので、いつものパターンですが、お稽古の終わりの時間に近づくと「少しくらい格好がついてきたわね」と先生に言ってもらえるようになります。残念なのはせっかく掴みかけたコツが次回に繋がらずにまた元の木阿弥となって一からのスタート、終わりかけになって少し感覚を掴かみかけたところでお稽古は終了、と延々と上達することなくずっと同じところに止まり続けることになっているのを改めて気づかされました。

 習慣が人生を変える根拠。

「地道な努力は裏切らない」「継続は力なり」と、習慣を積み重ねることで確実に能力をあげれることができるというのは、私たちのように大した能力を持たないものには唯一、成長して厳しい社会を生き残る唯一の光ともいうべき原則です。習慣の積み重ねが複利の如く積み重なると爆発的な上昇曲線を描くが如く大きな成果に結びつくことがあるのを頼りに私も様々な習慣に取り組み続けておりますし、これまで少なからずその効果性を実感する事もありました。毎日取り組む習慣の中で、今の自分の1000分の1だけ成長することができれば、1×1.001×1.001×1.001・・・と乗じていけば1年間継続すれば1だった能力は1.43になり、2年間経てば2.07と元の能力の倍になります。これが「継続は力なり」という原則を支える微力複利計算で、私達の希望の根拠になっています。

 習慣を力に変える精度と頻度。

しかし、私の書道(や茶道)のお稽古の様に、稽古が月に一回、二回程度と習慣というにはあまりにも頻度が低く積み上げ式にも乗数計算にもならないような習慣は、力を身に付ける習慣とは言えず、上述の計算式に直して考えたら1×1.001÷1.001×1.001÷1.001×・・・・と、どこまでいっても元のまま、全く進歩の発展もない行動と非行動の積み重ねになってしまいます。「何をやるか、ではなくどうやるか」と言う精度が重要だと私も常々口にしておりますが、精度と共に頻度も、当然ではありますが、習慣を自分自身の力に変えるには重要なのだと改めてひしひしと感じています。闇雲に何でも続けていれば良いと言うわけではない事を今一度よく考えて、数多く抱えている習慣達をどうしていくか今一度考え直してみたいと思います。と言いながら、いちど始めた事はなかなか止めれないんですよね。。

____________________

以下は直近のセミナー、公開講座のご案内です。

◆鹿児島 実践型現場マネジメントで未来を創る」 鹿児島 職人起業塾オープンセミナー&入塾、助成金活用説明会

https://www.facebook.com/events/2203456009879206/
日時:2019年1月18日金曜日 14:00~17:00
場所:かごしま空港ホテル 〒899-6404 鹿児島県 霧島市溝辺町麓616-1

オープンセミナー鹿児島20190118

___________________________________________

◆仙台 建築業における真実の瞬間」職人起業塾オープンセミナー&入塾、助成金活用説明会

https://www.facebook.com/events/1136100266567134/
日時:2019年1月30日 水曜日 14:00~17:00
場所:PARM-CITY131貸会議室 Room 4H 仙台市青葉区一番町3丁目1-16

オープンセミナー仙台1.30

___________________________________________

◆長崎 職人起業塾公開講座 第13期@長崎開催  オブザーバー参加募集

https://www.facebook.com/events/1537966419636499/ 経営者、経営幹部の方に限り無料でご招待いたします。 ■1月10日 10:00~18:00 業務改革基礎研修2 スモールビジネスの鉄則 3.第2領域に取り組む 4.自分の強みを明らかにする 業務改革基礎研修3 信用と信頼で将来をつくる 5.ご縁を紡ぐ 6.大福帳こそ未来の鍵 ■2月7日 10:00~18:00 業務改革基礎研修4 リスクマネジメントと日本式マーケティング理論 7.弱みこそ胸を張って伝える 8.三方よしとWIN-WIN アクションプラン策定研修 ■2月28日 10:00~18:00 業務改革基礎研修5 目的と手段の明確化 9.なんのためにを考える 業務改革実務研修1 ■3月14日 10:00~18:00 業務改革検証研修1 ■4月25日10:00~18:00 業務改革検証研修2 ■5月23日10:00~18:00 業務改革検証研修3(卒業検定) 場所:長崎住宅センター株式会社〒854-0081 長崎県 諫早市栄田町20番31号

13期オブザーバー参加申込書チラシ

___________________________________________

◆大阪 職人起業塾公開講座 第12期 神戸・大阪開催 オブザーバー参加募集

https://www.facebook.com/events/282975708886246/ ■2019年2月1日 9:30~18:00 NLCセントラルビル 3階大会議室 業務改革基礎研修4 – リスクマネジメントと日本式マーケティング理論 – 7.弱みこそ胸を張って伝える 8.三方よしとWIN-WIN アクションプラン策定研修 ■2019年2月22日 9:30~18:00 NLCセントラルビル 3階大会議室 建設現場における生涯顧客獲得、クレーム撲滅スキルアップ 検証研修1 ■2019年3月22日 9:30~18:00 建設現場における生涯顧客獲得、クレーム撲滅スキルアップ研修5 – 目的と手段の明確化 9.なんのためにを考える ■2019年4月19日 9:30~18:00 建設現場における生涯顧客獲得、クレーム撲滅スキルアップ 検証研修2 ■2019年5月10日 9:30~18:00 建設現場における生涯顧客獲得、クレーム撲滅スキルアップ研修 検証研修3

 

お申し込み、お問い合わせはこちら https://www.shokunin-kigyoujyuku.com/application/
オフィシャルページイベントまとめ=https://www.shokunin-kigyoujyuku.com/news/
____________________________________________ ◆職人的マーケティングへの入り口:一般社団法人職人起業塾オフィシャルサイト 建築現場におけるマーケティングに取り組んで見たいとお考えの方は一度のぞいて見てください。 実践型現場マネジメント理論、公開しています。無料公開のサンプルPDFはこちら 建築業界を現場の改革から変える志のある方、私達と共に未来の作り方を学びませんか!
こちらから→https://www.shokunin-kigyoujyuku.com
_______________________________________

爪切り師の教え。

平成31年1月9日晴れ

年始早々大失態。

水曜日も朝活の日。昨日に行き続き今日も夜明け前から起き出して張り切ってBNIの朝のビジネスミーティングの会場へと向かいました。が、あろうことか今年1回目のミーティングにもかかわらず、二度寝して大遅刻をすると言う失態を犯してしまい大いに反省しています。昨夜は今年一発目の新年会に誘われて大阪に出かけ、工務店向けのサポートを行われている企業の経営者さん達と楽しみながらも深い学びをいただける有難い時間を過ごしました。今日も朝会があったことから程々に切り上げて戻る予定だったのですが、思いのほか酔いが回っていたのか、疲れが溜まっていたのかは分かりませんが目を覚まして気がついたら深夜の姫路。久しぶりに電車を乗り過ごしてしまいました。いつまでたっても同じ過ちを繰り返す自分にほとほと情けなくなりました。年始早々の失態に先が思いやられます。(涙、)

女子か!

そんなあまり気持ちの良いスタートではなかった朝でしたが、朝会の後は気持ちを切り替えて月に1度通っている爪切りの専門家の先生のところにフットケアに向かいました。エステに行って爪を切ってもらいフットマッサージや角質取りをしてもらうなんて、まるで嫁入り前の女の子のようで少し気恥ずかしいのですが、このフットケアはそんな軟弱なものではなく、超絶すごい成果を私にもたらしてくれています。きっかけは私の足の爪が巻き爪で少し伸びるとすぐ爪が足の指に食い込んで痛くなると言う話をしたら、巻き爪を直してくれる先生がいると紹介され、半信半疑のまま、爪切り師のところに行ってみたら、非常に理論的な巻き爪の治し方と「正しい爪切り」の重要性を説明され、なるほどとすっかり得心させられて通い続けています。

爪で走りが変わる。

フットケアに通い始めて今日で3回目、2ヶ月経ったところですが、もう既に足の親指の巻き爪がほぼ治っており、それどころか今まで思いっきり深爪で、小指の爪などほぼなくなりかけていた程ガタガタだった爪がきれいに生え揃い、また足の指が伸びて柔らかくなり歩いたり走ったりしたときの感覚が足先が自由になって靴底をグリップするようになったような、随分軽くなったのを実感しています。爪切りの専門家である藤田先生によると、手の爪が無いと力が入らないし、足の爪がないと歩いたり走ったりできないことでわかるように、実は爪は非常に重要な役割を担っていて、切り方、また必要な部分を伸ばしての整形の仕方によって全く効果が変わるんです」と言われるのが、なるほど、と自分自身の体験を通して甚く納得している次第です。

 効率の弊害。

さらに、「指先は体の中で唯一静脈と動脈が切り替わる末端の部位であり、また、細かな神経が凝縮されている非常に重要な場所で、それを保護するためにある爪を形を整え静脈から血が戻っていく妨げにならないようにすることで指先だけではなく体全体のパフォーマンスも実は大きく変わってくる」とのことで、最近の医療現場では動脈よりも静脈の方を重要視する傾向があるのと共に、爪の形を整えることで静脈の流れをよく出来るのが医療現場の臨床実験でも確認されているとのことでした。今までの私といえば、爪切りが嫌いというか面倒なので、爪を切る際には少しでも短く、深く切ることで時間的な効率を図ろうとしており、なんて無知でバカな事をしていたのかと反省しきりです。やっぱり何をやるか、ではなくどうやるか、効率ではなく効果性を高める質への拘りとそれを担う正しい知識の習得が重要だと改めて感じた次第。

状態管理と効果性。

月に一度、爪切りの先生のサロンに通うだけで、(足が)人生史上最高の状態になり、このスッキリ感はなんやろ、と考えて思い出したのは歯の噛み合わせの矯正に歯医者さんに通っていた時のこと。どちらも見た目は大きくは変わらないが、少しのケア、状態管理の時間を割く事で根本的な問題解決へアプローチ出来る、ホリスティックにパフォーマンスをアップデート出来るのを再度認識して、私の今年の大きなテーマに定めた状態管理へのタイムマネジメントの再構築と密接に関わる状態管理の効果性の大きさを改めて体感させて頂く事が出来ました。とにかく、爪は一度、プロに切ってもらう事を強くオススメすると共に、人知れず巻き爪で悩んでおられる方は私(高橋)までご連絡下さい。凄い先生をご紹介します!(笑)

____________________

以下は直近のセミナー、公開講座のご案内です。

◆鹿児島 実践型現場マネジメントで未来を創る」 鹿児島 職人起業塾オープンセミナー&入塾、助成金活用説明会

https://www.facebook.com/events/2203456009879206/
日時:2019年1月18日金曜日 14:00~17:00
場所:かごしま空港ホテル 〒899-6404 鹿児島県 霧島市溝辺町麓616-1

オープンセミナー鹿児島20190118

___________________________________________

◆仙台 建築業における真実の瞬間」職人起業塾オープンセミナー&入塾、助成金活用説明会

https://www.facebook.com/events/1136100266567134/
日時:2019年1月30日 水曜日 14:00~17:00
場所:PARM-CITY131貸会議室 Room 4H 仙台市青葉区一番町3丁目1-16

オープンセミナー仙台1.30

___________________________________________

◆長崎 職人起業塾公開講座 第13期@長崎開催  オブザーバー参加募集

https://www.facebook.com/events/1537966419636499/ 経営者、経営幹部の方に限り無料でご招待いたします。 ■1月10日 10:00~18:00 業務改革基礎研修2 スモールビジネスの鉄則 3.第2領域に取り組む 4.自分の強みを明らかにする 業務改革基礎研修3 信用と信頼で将来をつくる 5.ご縁を紡ぐ 6.大福帳こそ未来の鍵 ■2月7日 10:00~18:00 業務改革基礎研修4 リスクマネジメントと日本式マーケティング理論 7.弱みこそ胸を張って伝える 8.三方よしとWIN-WIN アクションプラン策定研修 ■2月28日 10:00~18:00 業務改革基礎研修5 目的と手段の明確化 9.なんのためにを考える 業務改革実務研修1 ■3月14日 10:00~18:00 業務改革検証研修1 ■4月25日10:00~18:00 業務改革検証研修2 ■5月23日10:00~18:00 業務改革検証研修3(卒業検定) 場所:長崎住宅センター株式会社〒854-0081 長崎県 諫早市栄田町20番31号

13期オブザーバー参加申込書チラシ

___________________________________________

◆大阪 職人起業塾公開講座 第12期 神戸・大阪開催 オブザーバー参加募集

https://www.facebook.com/events/282975708886246/ ■2019年2月1日 9:30~18:00 NLCセントラルビル 3階大会議室 業務改革基礎研修4 – リスクマネジメントと日本式マーケティング理論 – 7.弱みこそ胸を張って伝える 8.三方よしとWIN-WIN アクションプラン策定研修 ■2019年2月22日 9:30~18:00 NLCセントラルビル 3階大会議室 建設現場における生涯顧客獲得、クレーム撲滅スキルアップ 検証研修1 ■2019年3月22日 9:30~18:00 建設現場における生涯顧客獲得、クレーム撲滅スキルアップ研修5 – 目的と手段の明確化 9.なんのためにを考える ■2019年4月19日 9:30~18:00 建設現場における生涯顧客獲得、クレーム撲滅スキルアップ 検証研修2 ■2019年5月10日 9:30~18:00 建設現場における生涯顧客獲得、クレーム撲滅スキルアップ研修 検証研修3

 

お申し込み、お問い合わせはこちら https://www.shokunin-kigyoujyuku.com/application/
オフィシャルページイベントまとめ=https://www.shokunin-kigyoujyuku.com/news/
____________________________________________ ◆職人的マーケティングへの入り口:一般社団法人職人起業塾オフィシャルサイト 建築現場におけるマーケティングに取り組んで見たいとお考えの方は一度のぞいて見てください。 実践型現場マネジメント理論、公開しています。無料公開のサンプルPDFはこちら 建築業界を現場の改革から変える志のある方、私達と共に未来の作り方を学びませんか!
こちらから→https://www.shokunin-kigyoujyuku.com
_______________________________________

フォーハピネスと職人育成。

平成31年1月8日晴れ

日常生活が戻った。

火曜日は朝活の日。今年も倫理法人会活動が本日よりスタート、夜明け前の真っ暗なうちから自宅を飛び出し、張り切って神戸市倫理法人会のモーニングセミナー会場である神戸ポートピアホテルへと車を走らせました。私の場合、今年のお正月はこれといって休みもなく、ずっと仕事だったのであまり実感はありませんが、それでも年末年始でお休みしていたものが平常通り始まり、これで普段通りの習慣が戻り完全に日常生活に戻った気がします。

正装は作業服。

正月の間は現場と自宅を行ったり来たりするだけで、全くどこにも出かけることなく、せいぜい工事現場の休憩中に近所の神社にお参りに行った程度で、どちらかと言うと普段よりもべったりと地元におりました。新しい年に変わってから唯一出かけたのは、(既に仕事始めの後ですが)一昨日の日曜日に大阪まで、関西リフォーム業界の雄、コニージャパン社の協力業者会&大感謝祭にお招きいただき、参加したのみで、なんと作業着意外の服に手を通したのも今年初めてでした。(笑)

塾生達のその後。

私はコニージャパン社の協力業者会に入っているわけでは無いのですが、協力業者会を取り仕切る施工管理部のメンバーが、数多く大阪での職人起業塾の研修を受講されており、その流れで昨年のこの会では基調講演で登壇させていただいたこともあり、卒塾生たちの研修終了後の活躍してる姿の確認がてら、今年も社員さんを預かる研修会社の塾長として参加させていただきました。研修終了後、メキメキと頭角を表し、胸を張って成果をあげてます!と言われる方や、頑張っていますが、結果を出すのはこれからです、と口を濁される方と卒塾生達の反応はそれぞれですが、それでも上長の部長に訊くと、それなりに皆が意識を変えて現場に取り組んでおられるのが伝わって来て、私にすると新年早々、良い時間を過ごさせて頂くことが出来ました。

施工力あってのデザイン。

コニージャパン社と言えば関西だけでなく関東にも数多く出店されており、全国的にも非常に有名なリフォーム会社であり、毎年、様々な団体のリフォームデザインコンテストで多くの賞を受賞されるデザインに強みを持った会社として認知されておりますが、実は現場施工の面でも随分と品質の担保に力を入れておられます。今年の協力業社会のテーマは「夢をかたちに」と定められておられましたが、まさに施工力があってこそのデザインであり、施工管理部、品質管理部に対する教育、人材育成に注力されているのは流石だと以前から感じており、その一端を私に担わせて頂いているのは光栄ですし、同時に大きな責任も感じずにはおられません。

経営理念はフォーハピネス。

昨年は大阪で大きな地震があり、また関西一円を繰り返し襲った台風の影響で忙しいどころか、まずは被害への応急復旧で職人はロクに休めずに駆けずり回りました。私もかなり屋根に登ってブルーシートをかけて回りましたが、コニー社では会社の規模が大きい分、顧客からの助けを求められる数も半端なく多かった様で、赤石専務を筆頭に役員も営業も関係なく社員総出で自然災害の対応に当たられた様で、当然、協力業社の職人さん達もタフな状況だったのは想像に難くありません。そんな事もあってか、今回の協力業社会では基調講演などはなく、大感謝祭と題して協力業社さんを労いもてなすと言う趣旨で、社員さんが獅子舞を踊ったり、延々と大抽選会を行われているのを目の当たりににして、経営理念に「フォーハピネス」を掲げているのを実践しようという心意気に胸を打たれました。私も見習わせて頂きます。

喫緊かつ最重要な課題。

さて、そんなコニー社の協力業社会と大感謝祭、今回はお客さん気分で楽しませて頂いておりましたが、立食パーティーの最中、小西社長から軽い感じで「一言、前で喋ってくださいよ」と頼まれて壇上に立ちました。私とは直接取引も関係も無い協力業社の皆さんを前に、私が語ったのは「次世代を担う職人を育てましょう!、そして何にも出来ない、何年にも渡って単なるコストにしかならない若者を雇用して、やっと使える様になったと思ったら退職され、仕事を任せられると思ったら独立起業される。そんな業界ではあってもそれでも若者を育てられ無いと建築業界に未来は無い、腹を据えて若手の育成に取り組みましょう!」という事で、そして「何も出来ない若者を雇うには金がかかる、先ずは現場でそのコストを稼ぎ出すことを考えて下さい!」とお願いと言うか激励の様な提言をしておきました。とにかく職人が居なくなれば建築会社はいくら集客、契約をしても一向に売り上げがあがらない事になってしまいます。売り上げ規模日本一を目指すというのはそのまま職人、施工会社も大きな成長が出来てこそ叶えられるのです。施工会社の経営者は今一度、現場で人材育成にかけるコストを稼ぎ出す意識を持ち、努力を重ねて貰いたいと思います。とにかく、コニージャパン社、協力業社会の皆さまの更なる発展を心から祈念致します!

____________________

以下は直近のセミナー、公開講座のご案内です。

◆鹿児島 実践型現場マネジメントで未来を創る」 鹿児島 職人起業塾オープンセミナー&入塾、助成金活用説明会

https://www.facebook.com/events/2203456009879206/
日時:2019年1月18日金曜日 14:00~17:00
場所:かごしま空港ホテル 〒899-6404 鹿児島県 霧島市溝辺町麓616-1

オープンセミナー鹿児島20190118

___________________________________________

◆仙台 建築業における真実の瞬間」職人起業塾オープンセミナー&入塾、助成金活用説明会

https://www.facebook.com/events/1136100266567134/
日時:2019年1月30日 水曜日 14:00~17:00
場所:PARM-CITY131貸会議室 Room 4H 仙台市青葉区一番町3丁目1-16

オープンセミナー仙台1.30

___________________________________________

◆長崎 職人起業塾公開講座 第13期@長崎開催  オブザーバー参加募集

https://www.facebook.com/events/1537966419636499/ 経営者、経営幹部の方に限り無料でご招待いたします。 ■1月10日 10:00~18:00 業務改革基礎研修2 スモールビジネスの鉄則 3.第2領域に取り組む 4.自分の強みを明らかにする 業務改革基礎研修3 信用と信頼で将来をつくる 5.ご縁を紡ぐ 6.大福帳こそ未来の鍵 ■2月7日 10:00~18:00 業務改革基礎研修4 リスクマネジメントと日本式マーケティング理論 7.弱みこそ胸を張って伝える 8.三方よしとWIN-WIN アクションプラン策定研修 ■2月28日 10:00~18:00 業務改革基礎研修5 目的と手段の明確化 9.なんのためにを考える 業務改革実務研修1 ■3月14日 10:00~18:00 業務改革検証研修1 ■4月25日10:00~18:00 業務改革検証研修2 ■5月23日10:00~18:00 業務改革検証研修3(卒業検定) 場所:長崎住宅センター株式会社〒854-0081 長崎県 諫早市栄田町20番31号

13期オブザーバー参加申込書チラシ

___________________________________________

◆大阪 職人起業塾公開講座 第12期 神戸・大阪開催 オブザーバー参加募集

https://www.facebook.com/events/282975708886246/ ■2019年2月1日 9:30~18:00 NLCセントラルビル 3階大会議室 業務改革基礎研修4 – リスクマネジメントと日本式マーケティング理論 – 7.弱みこそ胸を張って伝える 8.三方よしとWIN-WIN アクションプラン策定研修 ■2019年2月22日 9:30~18:00 NLCセントラルビル 3階大会議室 建設現場における生涯顧客獲得、クレーム撲滅スキルアップ 検証研修1 ■2019年3月22日 9:30~18:00 建設現場における生涯顧客獲得、クレーム撲滅スキルアップ研修5 – 目的と手段の明確化 9.なんのためにを考える ■2019年4月19日 9:30~18:00 建設現場における生涯顧客獲得、クレーム撲滅スキルアップ 検証研修2 ■2019年5月10日 9:30~18:00 建設現場における生涯顧客獲得、クレーム撲滅スキルアップ研修 検証研修3

 

お申し込み、お問い合わせはこちら https://www.shokunin-kigyoujyuku.com/application/
オフィシャルページイベントまとめ=https://www.shokunin-kigyoujyuku.com/news/
____________________________________________ ◆職人的マーケティングへの入り口:一般社団法人職人起業塾オフィシャルサイト 建築現場におけるマーケティングに取り組んで見たいとお考えの方は一度のぞいて見てください。 実践型現場マネジメント理論、公開しています。無料公開のサンプルPDFはこちら 建築業界を現場の改革から変える志のある方、私達と共に未来の作り方を学びませんか!
こちらから→https://www.shokunin-kigyoujyuku.com
_______________________________________

激動の2019年の幕開けに、厳しい建築業界を生き残る現場マネジメント改革のススメ。

平成31年1月7日 晴れ

世間様も仕事はじめ。

新しい年になってから1週間が経ち、私としては今年は全くお正月休みがなかっただけに、すっかり新春のおめでたい気分は抜けてしまっておりますが、世間様では今日が仕事始めとされた企業がずいぶん多かったようで、事務所にいると次から次えと取引先の方々がお年賀に来てくださり、中でも毎年恒例行事として定着したクリナップ社のスタッフによる恋の滝登りを拝見して、めでたい気分になり、すっかり忘れかけていたお正月気分を少し思い出してしまいました。(笑)

暮らしを豊かにするイベントやります!

世間様がようやく動き出したのを受けて、私も今日からフルスロットルでロケットスタートを決めたるぜ!と、張り切って今週から早速イベント盛りだくさんの告知をすべくこのところアップデートが滞りがちだった(しかもあまり得意で無い)ホームページやFacebookページの更新、イベントページの立ち上げを精力的に行いました。久しぶりにデスクに腰を落ち着けて仕事に向き合えた気がします。(笑)
新春!餅つき&書き初め大会!2019

新春!餅つき&書き初め大会!2019

新春!餅つき&書き初め大会!2019

究極の一歩手前の味噌作り教室

究極の一歩手前の味噌作り教室

究極の一歩手前の味噌作り教室

消費税増税に備えるのは今。

夕方からはその勢いをかって今年第1号となるメールマガジンの配信も行いました。一般社団法人職人起業塾で新春お年玉企画として無料で全国に展開するセミナーや公開講座の告知と激動の時代を迎えると言われる2019年以降、平成が終わり、消費税増税が行われた後にやって来る市場の縮小と建築ニーズの急激な落ち込みに対する備えについての持論、その具体的な詳細を伝える機会の提供について建築業を営み同業者へと情報を発信しました。ここでも以下にその内容を転載しますので、九州、関西、東北の事業者の方で少しでも興味が沸けばお気軽にお問い合わせを頂ければと思います。とにかく、今年も熱く、精力的に突っ走って参りますのでよろしくお願い致します!(^ ^)

___以下はメルマガの転載です。_______________________

◆激動の2019年の幕開けに際して。

新年あけましておめでとうございます。 平成最後の年、2019年がスタートしました、希望に満ち溢れた素晴らしい新年を迎えられたでしょうか? 今年は平成が終わり、元号も新しくなり文字通り新しい時代に突入します。 また、長い間引き伸ばされて来た消費税の10%への増税も漸く実施されることとなり、 これから秋口までは増税前の駆け込み需要で繁忙を極めることになると思われます。 ただ、これまでの消費増税の度に繰り返し経験してきた様に、増税前の需要先食いは増税後、 大きな市場の冷え込みを伴います、準備は整っておられるでしょうか? 私は1997年の神戸の震災復興後の増税で勤めていた工務店が倒産し、押し出される様に 起業した後、全く神戸での仕事が無くて、2年間もの間、京都、奈良、大阪に出稼ぎの飯場 暮らしを余儀なくされました。その時のトラウマが今も抜けずにおりますが、10年前から 外部環境に左右されやすい宣伝広告の反響による集客、売上げを作ることをやめてリピート、 紹介で事業継続に必要な売上を作る方法を模索してきました。

◆現場マネジメント改革で集客の質を改善。

今年で宣伝広告、集客イベントを全て排して8年程になりますが、集客に困ることは 無くなりました。弊社では大工を社員として正規雇用し、ただ現場作業を行うだけではなく、 施工管理や顧客との窓口、近隣対応、現場の予算管理、アフターサービスまでの幅広い 業務を職人が行います。これはマーケティング理論を現場で実務者に実践してもらえる様に、 座学やコミニケーションの研修を繰り返して、少しずつ職人たちの意識を変えてきた 現場マネジメント改革の結果であり、現場での顧客満足を積み重ねることで、集客の質を 高めてきたからこそ、今では販促活動を行わなくても売上が立つ様になりました。 残念ながら、社員大工の数が増えないと規模拡大が出来ないモデルとなってしまい、ずっと 売上は横ばいではありますが、経営の安定、事業の継続性という意味では大きな改善が できたと思っています。

◆顧客からの評価は現場にしかない。

駆け込み需要が終われば、大きく需要が落ち込むのは明白で、引き合いの数は間違いなく 減少します。これからの時代に必要なのは集客の量ではなく、質であると考えた時、 如何に信頼関係に基づいた集客を得られるかが生き残りのカギとなります。そして、 信頼を得る顧客からの評価は現場にしかありません。 現場実務者による現場マネジメント改革が未来の売上を担保する集客の源泉になると確信しております。 一般社団法人職人起業塾では職人、施工管理者、リフォーム営業等の現場実務者に対して直接、 半年間もの研修を実施して、現場での圧倒的な顧客満足とそこで得た信頼を持続できる仕組みを 実務者自身が役割に応じて考え、実践、習慣化してもらっています。当たり前のことを 確実にこなせる様になるにはある程度の期間、受講生に寄り添い、並走する必要があり、また 理論だけではなく、実践するための意識改革、コミニケーションスキルの習得などトータルで 実践力を高めてもら得る様に6ヶ月もの長きに渡り課題を履行する期間を設けています。

◆九州、関西、東北にてセミナー、公開講座のご案内。

そんな現場改革研修の内容を体験頂ける機会を複数、九州地方で開催いたします。 上述では弊社での事例をご紹介しましたが、現場改革の方法論は大工の内製化以外でもいくらでもあります。 私たちのリアルな公開講座が御社の強みに即した現場改革のヒントを見つける機会になれば幸いです。 新たな年の立ち上がりの忙しい時期ではありますが、是非この機会に少しの時間を作ってみてください。 以下に全国のオープン講座、セミナーの内容とスケジュールを記します。 消費税増税後の厳しい市場を共に生き残り、残存者利益を享受出来る様になるお手伝いが、 私たちに少しでも出来れば幸甚です。 参加のお申し込みはこのメールへの返信でも下記のfacebookイベントページへのクリックでも結構です。 以上、長文にお付き合い頂きまして有難うございました。今後とも宜しくお願い致します。 一般社団法人職人起業塾 塾長 高橋剛志拝

___________________________________________

◆鹿児島 実践型現場マネジメントで未来を創る」 鹿児島 職人起業塾オープンセミナー&入塾、助成金活用説明会

https://www.facebook.com/events/2203456009879206/
日時:2019年1月18日金曜日 14:00~17:00
場所:かごしま空港ホテル 〒899-6404 鹿児島県 霧島市溝辺町麓616-1

職人起業塾鹿児島オープンセミナーオープンセミナー鹿児島20190118

___________________________________________

◆仙台 建築業における真実の瞬間」職人起業塾オープンセミナー&入塾、助成金活用説明会

https://www.facebook.com/events/1136100266567134/
日時:2019年1月30日 水曜日 14:00~17:00
場所:PARM-CITY131貸会議室 Room 4H 仙台市青葉区一番町3丁目1-16

オープンセミナー仙台1.30 オープンセミナー仙台1.30

___________________________________________

◆長崎 職人起業塾公開講座 第13期@長崎開催  オブザーバー参加募集

https://www.facebook.com/events/1537966419636499/ 経営者、経営幹部の方に限り無料でご招待いたします。 ■1月10日 10:00~18:00 業務改革基礎研修2 スモールビジネスの鉄則 3.第2領域に取り組む 4.自分の強みを明らかにする 業務改革基礎研修3 信用と信頼で将来をつくる 5.ご縁を紡ぐ 6.大福帳こそ未来の鍵 ■2月7日 10:00~18:00 業務改革基礎研修4 リスクマネジメントと日本式マーケティング理論 7.弱みこそ胸を張って伝える 8.三方よしとWIN-WIN アクションプラン策定研修 ■2月28日 10:00~18:00 業務改革基礎研修5 目的と手段の明確化 9.なんのためにを考える 業務改革実務研修1 ■3月14日 10:00~18:00 業務改革検証研修1 ■4月25日10:00~18:00 業務改革検証研修2 ■5月23日10:00~18:00 業務改革検証研修3(卒業検定) 場所:長崎住宅センター株式会社〒854-0081 長崎県 諫早市栄田町20番31号

職人起業塾@長崎オブザーバー募集

13期オブザーバー参加申込書チラシ

___________________________________________

◆大阪 職人起業塾公開講座 第12期 神戸・大阪開催 オブザーバー参加募集

https://www.facebook.com/events/282975708886246/ ■2019年2月1日 9:30~18:00 NLCセントラルビル 3階大会議室 業務改革基礎研修4 – リスクマネジメントと日本式マーケティング理論 – 7.弱みこそ胸を張って伝える 8.三方よしとWIN-WIN アクションプラン策定研修 ■2019年2月22日 9:30~18:00 NLCセントラルビル 3階大会議室 建設現場における生涯顧客獲得、クレーム撲滅スキルアップ 検証研修1 ■2019年3月22日 9:30~18:00 建設現場における生涯顧客獲得、クレーム撲滅スキルアップ研修5 – 目的と手段の明確化 9.なんのためにを考える ■2019年4月19日 9:30~18:00 建設現場における生涯顧客獲得、クレーム撲滅スキルアップ 検証研修2 ■2019年5月10日 9:30~18:00 建設現場における生涯顧客獲得、クレーム撲滅スキルアップ研修 検証研修3

第12期職人起業塾@大阪オブザーバー募集

 

お申し込み、お問い合わせはこちら https://www.shokunin-kigyoujyuku.com/application/
オフィシャルページイベントまとめ=https://www.shokunin-kigyoujyuku.com/news/
____________________________________________ ◆職人的マーケティングへの入り口:一般社団法人職人起業塾オフィシャルサイト 建築現場におけるマーケティングに取り組んで見たいとお考えの方は一度のぞいて見てください。 実践型現場マネジメント理論、公開しています。無料公開のサンプルPDFはこちら 建築業界を現場の改革から変える志のある方、私達と共に未来の作り方を学びませんか!
こちらから→https://www.shokunin-kigyoujyuku.com
_______________________________________

事業の目的を実践するミッションステートメントの刷新。

平成31年1月5日曇り

やっと、仕事始め。

本日はようやく有限会社すみれ建築工房の仕事始め。私たちを支持してくださるお客様のおかげで大過なく19期目のスタートを迎えられたことに心より感謝いたします。私と数人のスタッフは大晦日も正月もずっと現場作業にかかりっきりだったので今日の仕事始めもこれといって実感は無いのですが、他のスタッフはそれぞれ正月休みを満喫した風情のさっぱりした雰囲気で出社されておりました。午後9時から全体会議と今年度の経営方針説明会を行う予定でしたが、結局今日も早朝から現場に出ていたせいでスタートを1時間遅らせてドタバタとした雰囲気の中、スタッフ全員に新年の挨拶、第19期の経営方針説明を行いました。内容は昨日のブログに書いた通りです。(笑)

事業は目的が全て。

毎年、正月休みの間に(今年は休みはありませんでした、、)毎年資料作りを行って、初出の日に経営方針説明を行いますが、毎年決まって繰り返ししつこい位にスタッフに語り続けているのは「目的が全て」と言うことで、経営理念「ものづくりの本質、作り手を守り育て地域社会に貢献する」と、創業時ミッション「ものづくりの担い手の社会的地位の向上を図る」と言う事業の目的を実現するために我々は建築事業に取り組んでいるのだと口を酸っぱくして言い続けています。そのための行動指針としてミッションステートメントを定めているのですが、今回は20年近くぶりにそれを刷新して新しく書き換えました。

すみれ建築工房ミッションステートメント

  • 設計する者として真剣・誠実にお客様のご要望に耳を傾け、顧客のイメージを超える工事後の楽しい暮らしのプランを提案します。
  • 工事する者として日々切磋琢磨し、技術・サービス・管理能力の向上に努め、その結果として顧客から絶対の信頼を得る施工をします。
  • 工事店として全ての方に「すみれがなくなったら困る」と言っていただくまで、諦めないサービスに努めます。
  • 建築のプロとして建物の長寿命化と顧客の暮らしを守ります。
  • 日本の伝統工法の継承者、最新技術の習得者として次世代のものづくりの担い手の育成に努めます。
  • 人として常に良心に従った行動をとります。

強みは概念の実践

私たちすみれ建築工房の強みは女性設計士による丁寧なヒアリングとプランニングの自社設計、社員大工による責任施工と思われがちですが、実はそこが本当の強みではなく、建築の専門家である社員が、原理原則のマーケティング理論を愚直に履行することが同業他社と大きく違うところだと思っているし、そのように長年経営計画を立てて努力を続けてきました。私たちが10年近く前から一切の宣伝広告や販売促進イベントを取りやめても売り上げを作り、事業を20年近く続けて来れたのは、「卓越の戦略」と言うジェイ・エイブラハムが提唱された概念を実業に取り込み、実践してきたからに他なりません。それを改めて今回もスタッフ全員に語り、今一度その取り組みをブラッシュアップしてもらうために上述のミッションステートメントに卓越の戦略を融合させた次第です。

ジェイ・エイブラハム卓越の戦略

  • あなたから何か買う人は、単なる「顧客」ではなく、あなたの保護下にある「クライアント」と考えるべきである。
  • クライアントの生活をより良いものにする、という高次の目的のためだけに、ビジネスに取り組む。
  • 惚れ込むべき対象は、自分の商品ではなく、クライアント。
  • クライアントが言葉に出来ない想い、ニーズ、課題を明確に表現し、それを満たすリーダーとなる。
  • あなたやあなたの会社、商品、サービスがなかったとすれば、クライアントにとって損になる程のレベルで商売をする。
  • あなたとクライアントの双方が、信頼、誠実、尊敬の対象となるような精神的な「きずな」を構築する。

本年もよろしくお願いいたします!

経営計画の説明か、押し付けか、クンロク?かよくわからない雰囲気の全体会議と意外と和気藹々なチームMTGを終えて結局、近所の伊川谷総社に社員全員で安全祈願と目標達成のお願いにお参りに行けたのは昼過ぎになってしまいました。慶事は午前中。と言う基本を守れず、型にこだわりたいタイプの私としては少ししまった!と反省をしましたが、今年は長年の悲願である完全クレーム撲滅、顧客満足100点満点を積み重ねる現場最優先で行く!と言う大方針を私なりに掲げているので、これもまあ致し方ないと一人勝手に納得しつつ、1年の幕開けをスタートさせました。そんなこんなで、今年も1年、理念の実現、ビジネスモデルの構築を目指して突っ走って参りますので皆様よろしくお願いいたします。

職人進化論的原理原則(まとめ)

  • 事業の目的は経営理念の体現、業務は全て手段でしかない。
  • 目的を達するためには行動指針、判断基準が必要
  • 行動指針は役割の明確化、役割ごとの責任が一体であるべき
  • 概念を学び実践に落とし込むことで学ぶ意味と価値を見出せる
  • 建築業の結果、評価は現場が全て、現場主義こそ未来への礎を作る!

___________________

◆大阪、長崎にて職人起業塾講座オブザーバー参加絶賛募集中です。

経営者、経営幹部の方は無料でご参加頂けますので、現場実務者への経営者感覚の共有、現場マネジメント改革ご興味がおありの方はお気軽にお申し込みください。
https://www.facebook.com/events/282975708886246/

_______________________________________

◆書籍「職人起業塾」(第2刷)絶賛発売中

品薄でご迷惑をおかけしていた(6ヶ月研修のテキスト本でもある)書籍「職人起業塾」も重版から日が経って漸く流通が復活する様になって来ました。最近はAmazonでも定価で買える様です。私の希望では出来ましたら、Amazonのカートに入れて、近所の書店で取り寄せて頂くのがいいかと思います。地域ビジネスの本だけに。(笑)
もちろん、私にお声がけ頂いても送料無料でお送り致します!

_______________________________________

◆職人的マーケティングへの入り口:一般社団法人職人起業塾オフィシャルサイト

建築現場におけるマーケティングに取り組んで見たいとお考えの方は一度のぞいて見てください。実践型現場マネジメント理論、公開しています。無料公開のサンプルPDFはこちら

建築業界を現場の改革から変える志のある方、私達と共に未来の作り方を学びませんか!
こちらから→https://www.shokunin-kigyoujyuku.com

_______________________________________

職人的マーケティング論、メールマガジン配信中

元祖職人起業塾での開催内容や最新のマーケティング関連の(個人的な)考察などを低頻度ながら配信しています。無料ですのでよかったら登録してみてください。https://1lejend.com/stepmail/kd.php?

シームレス。〜激動の時代を乗り越えるスモールビジネスのコンセプト〜

平成31年1月4日晴れ

現場で己を知る。

慣れない連日の現場(ハツリ)作業ですっかり腰と背中の筋肉が張ってしまい、しかもそれがなかなか回復しない。元気そうに見えても50歳を過ぎた情けない体力の衰えを実感しています。40歳を過ぎた頃、自分の体力がガタガタになっているのを実感して始めた毎朝の筋トレと週1回のランニングは今も相変わらず継続しておりますが、現場で働くのに使う体力と、見た目だけすっきりと体重を絞り、フルマラソンを走れるようになった体力では全く筋肉の質も使い方も異なっており、目の衰えとともに建築現場ではあまり使いもんにならない自分に改めて気づかされました。こんな事ではあきませんね。

休み無しの正月。

お客様のお店の正月休みを利用して行っている手直し工事は今日は打ち直した土間モルタルの乾燥養生の日で、これといって作業自体は行えず、明日の塗装仕上げが問題なく行えるように、乾燥の具合を調整する程度、様子を見に行きジェットヒーターの位置をあれこれと動かしてみるににとどまりました。朝も少しゆっくりして、仕事始めの前に唯一お休み気分を味わおうかと思いましたが、考えても見れば明日はもう仕事始め、今年1年の経営方針や目標設定をスタッフに説明する全体会議の日でもあり、その資料作りに追われることになりました。ま、これも毎年の正月休みの恒例のタスクの1つでもありますが、、

事業計画は強みから。

すみれの2019年経営方針の説明としては、昨年新しいスタッフも加入したこともあり、古くからの社員への再確認の意味を兼ねて改めて社員に向けてすみれのビジネスモデルの解説を行うことにしました。私たちすみれ建築工房は建築施工に強みを持つものづくり企業であり、社員大工による責任施工と女性設計士による真摯なヒアリングときめ細かい設計と計画を行うことによって、建築業界の常識は世の中の非常識と言われる悪習を断ち切って、当たり前のことを当たり前にこなせる会社である事を強みとしています。

コンセプトの時代に。

当たり前のこととは具体的には、現場でのものづくりで顧客に絶対的な信頼を得ることであり、そこから派生して次の仕事を紹介してもらったり、繰り返しの注文をいただいたりすることで、この十数来お客様にとって卓越した存在になれるようにと社員と共に様々な仕組み作りにチャレンジと努力をしてきました。それを一言で表したコンセプトが、ホームページのトップに表記される「家は建ててからがスタート」であり、工事ではなくお客様のその後の暮らしで満足してもらえるようにあらゆる判断の基準をそこに集約する、そして真の顧客満足を実現するのが一切の宣伝広告や販促活動を止めた私たちのビジネスモデルを成り立たせる根本的な思想です。

概念と実践。

明日の経営方針説明では長年に渡り我々が学び続けているマーケティング理論の最も重要な概念の一つであるジェイエイブラハムが提唱した「卓越の戦略」を全員で再度共有し、我々の実業の中で卓越の戦略が業務に実際に落とし込めているかを再確認してもらう様にしました。事業コンセプトと並んで掲げているすみれの経営理念は「ものづくりの本質、作り手を守り育て地域社会に貢献する」となっておりますが、これは卓越の戦略の実装とワンセットであり、両方の概念を実務に落とし込むこと、実践する事が私達の存在意義だと考えています。そして、私たちが存在を許されるか、否かはそれをスタッフ全員が理解して顧客接点でその概念を実践出来るかにかかっています。

新しい時代を迎えるに際して。

平成最期の正月が終わり、人口減少、中小企業の景気を支える国内市場の縮小とグローバリズム、情報革命による世界企業の富の寡占化という人類がこれまで体験したことの無い激しい変化に直面する日本。これからの時代を生き残るターニングポイントとなるのが今年では無いかと思っています。Web上でポータル、プラットホームを持つ企業があらゆる業態の利益を吸い上げる構図は加速度を増しており、アメリカでトイザらスが破綻し、Whole Foods MarketがAmazonの傘下に降りました。アメリカでの現象は3年後に日本と現実となると言われますが、既に日本国中で小さな書店が次々に閉店に追い込まれているように、このままでは私たちもインターネットの覇者に利益の大部分を献上して生き長らえる様にならざるを得なくなります。それに抗うには、独自の価値を創り出し、リアルな情報を発信し、効率ではなく効果性を高めるしか無いと思っています。

シームレス化こそ、生き残り戦略。

人、モノ、カネ、情報と言われる経営資源がすべて脆弱な私たち中小零細企業にとって、生き残り戦略として独自の価値を創生し、効果性を高めるにはどのようにすれば良いかと言うこれからの世の中を生き残っていく大命題に対して私が考えついたのは、シームレス化を図ると言うことです。小さな企業が大企業に打ち勝てる強みにできる事は「小さい事」にならざるを得ず、小さいからこそできる事を突き詰めていかねばなりません。具体的にはスモールビジネスの根幹とも言うべき「人と人」に特化して顧客の近くに寄り添い、関係性を深めることによって限定された市場、ご縁を頂いた顧客にとっての唯一無二の存在になること。それは現場と経営、設計と施工、新築とリフォーム、営業とアフターサービス等、建築業界におけるあらゆる役割やサービスをつなぎ目なくシームレスにつなげることで顧客に寄り添い絶対の安心感を持ってもらうしかないと考えています。そんな思いをスタッフと共有できるように明日の全体会議で話し、個々の目標設定に落とし込んでもらいたいと思います。新しい時代の幕開け、楽しみです。(^ ^)

職人進化論的原理原則(まとめ)

  • ポスト平成は人類が経験したことのない新たな世界
  • モノからコトからコンセプトの時代へ
  • 現状維持は緩やかな破滅への道
  • 大企業の寡占化にあらがうには小さい企業の強みを見出さなければならない
  • 小さいことの強みは小さいこと。
  • 小さい事の弱みはシームレス化による効果性を高めることで強みへと転換できる
  • 目的とそれを実現する概念の共有による実践こそが逆境を乗り越える唯一無二の方法論である

___________________

◆大阪、長崎にて職人起業塾講座オブザーバー参加絶賛募集中です。

経営者、経営幹部の方は無料でご参加頂けますので、現場実務者への経営者感覚の共有、現場マネジメント改革ご興味がおありの方はお気軽にお申し込みください。
https://www.facebook.com/events/282975708886246/

_______________________________________

◆書籍「職人起業塾」(第2刷)絶賛発売中

品薄でご迷惑をおかけしていた(6ヶ月研修のテキスト本でもある)書籍「職人起業塾」も重版から日が経って漸く流通が復活する様になって来ました。最近はAmazonでも定価で買える様です。私の希望では出来ましたら、Amazonのカートに入れて、近所の書店で取り寄せて頂くのがいいかと思います。地域ビジネスの本だけに。(笑)
もちろん、私にお声がけ頂いても送料無料でお送り致します!

_______________________________________

◆職人的マーケティングへの入り口:一般社団法人職人起業塾オフィシャルサイト

建築現場におけるマーケティングに取り組んで見たいとお考えの方は一度のぞいて見てください。実践型現場マネジメント理論、公開しています。無料公開のサンプルPDFはこちら

建築業界を現場の改革から変える志のある方、私達と共に未来の作り方を学びませんか!
こちらから→https://www.shokunin-kigyoujyuku.com

_______________________________________

職人的マーケティング論、メールマガジン配信中

元祖職人起業塾での開催内容や最新のマーケティング関連の(個人的な)考察などを低頻度ながら配信しています。無料ですのでよかったら登録してみてください。https://1lejend.com/stepmail/kd.php?

正月特番に思う、間接体験、追体験のススメ。

平成31年1月3日 晴れ一時雨

正月のささやかな楽しみ。

お正月三が日も今日でおしまい。今日もやっぱり現場に出向き、昨日目処をつけた土間工事の型枠をバラしたり、とダメ工事を昼過ぎまで。結局、元旦の昼休みにスタッフと近所の総社にお参りに行った他はどこにも行かず、ずっと現場にハマりきった正月となりました。ただ、全くお屠蘇気分を味わって無いかというとそんな事もなくて、昨日の夜は楽しみにしていたTVの正月特番、下町ロケットと同じ池井戸潤氏の作品の陸王の一挙放送の後半を見て大いに涙腺を緩ませ、いつもながら爽やかな結末を大いに楽しみました。ささやかな楽しみながら、一年の始まり(新年)に苦悩しながらも信念を貫き未来を標榜する経営者の物語を見るのは非常に良い刺激をもらえるもので、決して諦める事なく社員を守り、自分達の生み出す物作りの技術にプライドを持ち、顧客の期待に応える佃製作所やこはぜ屋の社長の姿に見習いたいと心から思いました。

聖徳太子も定めた「懲悪勧善」

所詮小説を元にしたドラマの世界での出来事、と行ってしまえばそれまでですが、原作者の池井戸潤さんが描くビジネス小説の世界は少なからず現実世界で何処にでも転がっている事例としてのリアリティーがあり、良い話も悪い話も「あるある!」と共感せずにはおられません。そしてその根底に流れるのは昔ながら日本人がが大好きで、聖徳太子の十七条憲法の第六条に「懲悪勧善。古之良典。」とあるように勧善懲悪の「善を勧め、悪を懲しめる」という因果の法則に則った概念であり、強欲資本主義と言われるほどグローバル企業が世界を席巻し、富の集中が加速する複雑化した今の世の中でも、志や信念を持ち、正しい経営を行っているものは報われるという私たち中小零細企業経営者が信じたくなる神話であり、希望です。

共生の精神。

そして、池井戸潤氏の小説に胸を打たれるのは、桃太郎の鬼退治のような単純な話ではなく、もう一つ高いレベルで私たちを感動させるもう一つのメタファーとして日本的な共生の価値観がその根底に流れているからでは無いかと思うのです。アラブの人たちが信奉する宗教の経典には「目には目を、歯には歯を」という基本概念があると言われますが、世の中の人たちが全員そのような考え方を持っていたら、世界中の人の目が全部潰れてしまい暗黒の世界になってしまうという話があります。目的を明確にしてその目的の達成のためには、敵であろうと裏切り者であろうと許容して、共生の道を探るのが全ての物に神が宿ると八百万の神を崇めて来た日本的な考え方、価値観に立脚しているからではと思うのです。

自分を変えるのはセルフイメージ

最近の元祖職人起業塾の冒頭の説明では「顕在意識は潜在意識をコントロールできない、潜在意識と顕在意識の方向性を合わせると乗数の成果に結びつく」という話を常にしていて、セルフイメージの書き換えを強く推奨しています。そして、自分が今の現状を打ち破って、変わることができると潜在意識に思い込ませるには成功体験の蓄積が欠かすことができません。その成功体験の蓄積のためには本を読み、偉大な業績を残したり、世の中に大きな影響を与えた先人の苦悩と成功のプロセスを間接体験として経験することが大いに役に立つと、知識を得るためでは無い読書の習慣を強く推奨していますし、私自身も極力小説、特に伝記的な歴史小説を手に取り読むようにしており、先人たちの生き様という事例を自分ごとのように感情移入して読むことでメタファーを自分自身の胸の中に刻み込むように意識しています。

間接体験の追体験のススメ。

そして、それは別段、読書に限ったことではなく、TVドラマでも映画でも良くて、また、原作を読んでから映像化された作品を追体験することで、印象を強くして記憶に残るようになったりする事も少なくありません。その意味では次々に実写化される池井戸潤さんの作品は信念や理念を持って事業に向き合いたいと思う人にはうってつけと言えると思います。もうすぐ、同氏の「7つの会議」なる作品が映画かとして公開されるとの事、以前にこのブログで絶賛しておりますが、私も是非とも追体験として劇場に足を運んでみたいと思います。練習なしの一度きり、ぶっつけ本番のこの人生、うまくいかなくて当然ですが、少しでも掲げた理想に近づけるようにセルフイメージを書き換えて潜在意識の力に頼りながら、歩みを進めていこう、と思う三が日となりました。ちなみに、以前に本の紹介をしたブログはこちら→7つの会議
まずは書籍を手にとってみてください。(笑)

職人進化論的原理原則

  • 懲悪勧善の精神は日本の根底に流れている
  • 「目には目を」の精神では世界中は暗闇になる
  • 重要なのは目的を達する事
  • 共生する事が持続可能な社会を作る
  • 自分を変えるにはまずセルフイメージを変える
  • セルフイメージの転換には潜在意識に働きかけるべき
  • 体験は追体験を繰り返し経験となる。

___________________

◆大阪、長崎にて職人起業塾講座オブザーバー参加絶賛募集中です。

経営者、経営幹部の方は無料でご参加頂けますので、現場実務者への経営者感覚の共有、現場マネジメント改革ご興味がおありの方はお気軽にお申し込みください。
https://www.facebook.com/events/282975708886246/

_______________________________________

◆書籍「職人起業塾」(第2刷)絶賛発売中

品薄でご迷惑をおかけしていた(6ヶ月研修のテキスト本でもある)書籍「職人起業塾」も重版から日が経って漸く流通が復活する様になって来ました。最近はAmazonでも定価で買える様です。私の希望では出来ましたら、Amazonのカートに入れて、近所の書店で取り寄せて頂くのがいいかと思います。地域ビジネスの本だけに。(笑)
もちろん、私にお声がけ頂いても送料無料でお送り致します!

_______________________________________

◆職人的マーケティングへの入り口:一般社団法人職人起業塾オフィシャルサイト

建築現場におけるマーケティングに取り組んで見たいとお考えの方は一度のぞいて見てください。実践型現場マネジメント理論、公開しています。無料公開のサンプルPDFはこちら

建築業界を現場の改革から変える志のある方、私達と共に未来の作り方を学びませんか!
こちらから→https://www.shokunin-kigyoujyuku.com

_______________________________________

職人的マーケティング論、メールマガジン配信中

元祖職人起業塾での開催内容や最新のマーケティング関連の(個人的な)考察などを低頻度ながら配信しています。無料ですのでよかったら登録してみてください。https://1lejend.com/stepmail/kd.php?